ラベル

2018年3月3日土曜日

ASUSのベアボーンPC VivoMini VC66 VC66-BB062Mで自作

2018/02/27 ASUSのベアボーンPC VivoMini VC66 VC66-BB062Mで自作してみた。

家族用のPCを買い換えることになりいろいろ検討した結果、この小さなベアボーンキットで自作することにした。


VivoMini VC66 | ミニPC | ASUS 日本
https://www.asus.com/jp/Mini-PCs/VivoMini-VC66/
この商品、日本では現在品薄状態だったがなんとかゲットできた(^^)



届いた。箱ちっさ!ノートPCかと思うくらいw
Windows10はUSB-PCIカードに付属のDSP版。カードは残念ながらゴミ箱直行ですな(^-^;)



本体めっちゃ小さい!CDケースより一回り大きい感じ。マットブラックで四角くてまるでプレステ。
箱の作りはまんまスマホなので開封の儀をしたくなる気持ちもわかる。
ACアダプターだから本体を小さくできるのか。というかACアダプターでかい(^-^;)



このベアボーンキットの稼働に最低限必要なのはメモリとストレージ。
今回はcrucialのDDR4-2400 SO-DIMM 8GBと昔使ってたcrucialのSSD M4の128GBだ。
もっと高性能にしたいならM.2の高速SSDを用意するといいだろう。



組み立てはいたって簡単。底面のゴムを外してネジを外せば蓋がパカっと開く。
ここには2.5インチドライブが2個あるように見えるけど、ケーブルはひとつしかないので実際に使えるのはひとつだけだ。



ここにSSDをセットすればおk



さらにひとつネジを外してパカっと開くとメモリスロットにアクセスできる。



メモリを装着!中身詰まってるなあ。
逆の手順で組み立て。非常にしっかりした作りなので組み立ても簡単。いじるのが楽しい(^o^)/



適当なキーボードとマウスを接続して起動!UEFIなんでセットアップも簡単(^^)
サクサクとWindows10をインストールしていった。



モノクロレーザープリンターの横に設置すると小ささが際立ったw

起動してみると騒音がものすごく小さくて静か。電源ボタン付近にアクセスランプがついていてパカパカと光ってかっこいい!
動作は至って軽快だった。



CPUはCore i5-7400なので普通に使う分には十分速いだろう。



とりあえずやってみたPCMARK10のスコアは3,356だった。

まとめ。VC66は手軽でスタイリッシュかつ実用的なベアボーンキットだった。

0 件のコメント:

コメントを投稿