ラベル

2022年7月31日日曜日

JB23 4型ジムニーのISCVを清掃

2022/07/27 JB23 4型ジムニーのISCVを清掃してみた。

今までもずっとそうだったんだけど、わがジムニーはたまに(週1回位)エンジンが掛かりにくくなり、アクセルペダルを煽らないとかからない時がある。あと、年に1回位アイドリング中にエンストするときがある。先日はエンストしたあと5分くらいエンジンがかからなくて焦った。でもかかってしまえばなんの問題もないんだよね。なんこれ?

てことでググったけどよくわからん(^-^;) 関係ありそうな原因の中で自分でできそうなのはISCVの清掃くらいだったのでダメ元でやってみた。
まずはショート防止とECUリセットの意味も込めてバッテリーのマイナス端子を外した。



ISCVはこのへんにある。



①がISCV、②がその関連バルブ?(名前がわからん)
この2つを取り外して清掃した。まずソケットを外しておく。
プラスネジで固定されているだけなので脱着は至って簡単。ただし固いのでソケットレンチを使って舐めないようにしながら外した。



取り外したISCV。まあ確かにベットリと油汚れがついていた。
パーツクリーナーを直接吹きかけると壊れるらしいので、パークリをウエスに付けて拭いた。



きれいになった(^o^)/
穴の方も軽く清掃しておいた。



取付時は向きに注意。上側が切り欠きのある方だ。また、下のボルトが長い方である。



②の関連バルブも取り外してパーツクリーナーで清掃した。スッキリ!

バッテリーを接続してエンジンをかけてみたが、いきなりかかりにくくて焦った(^-^;) アクセルを煽ればすぐに始動した。
その後は800kmほどエアコンをガンガン掛けながら山道や高速道路を走行したが、特にトラブルもなく、エンジンがかかりにくいということも一度もなかった。
走行やアイドリングに違いを感じたかといえば、何も感じなかった(^-^;)

まとめ。ISCV清掃は、本気でアイドリング不安定なら違いが出るのかもしれないが、俺のジムニーでは予防整備的な意味合いの作業だったと思った。まあ1円も金かかってないからいいんだけどね。

【追記 2022/08/02】
エンジンがかかりにくい現象が起きた(^-^;) 始動性の原因はこれじゃないな。

0 件のコメント:

コメントを投稿