ラベル

2017年12月1日金曜日

東京2020オリンピック図柄ナンバープレートに交換

2017/12/01 東京2020オリンピック図柄ナンバープレートに交換した。+フレーム装着

街なかでたまにラグビーワールドカップ図柄のナンバープレート車両を見て、いいなーと思ってたんだけどラグビーに全く興味がなかったので交換に踏み切れなかった。しかし、今回東京オリンピックの図柄ナンバープレートが登場したということで早速交換してみた!オリンピック楽しみ!


図柄ナンバープレートの申し込みは以下のサイトで簡単にできる。

図柄ナンバー申込サービス(GKAA0101)
https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

俺は今回ナンバー変更はしなかったので手数料7,440円と寄付金1,000円の8,440円で交換できた。もちろん希望ナンバーと同時に図柄ナンバープレートに変更することもできる。同時にナンバーを2020にする人が多そう(^^)
ちなみに寄付はしなくてもいいんだけど、その場合図柄が大会エンブレムのみの地味なのになる(^-^;)
ネットで決済が完了したおよそ2週間後から約1ヶ月間、希望の陸運局でナンバープレートを交換できる。

さて、交換時期が来たので早速岐阜陸運局へGO! 手続きは希望ナンバーの交換とほぼ同じ。自分でナンバープレートを外して交換してもらうだけ。最後に封印所で封印してもらえば完了。



キター!!なにこれ新鮮!
中心部分からカラフルな線が放射状に伸びていて、その上にいつもの深緑のナンバーが書かれている。従来の真っ白に深緑の文字というナンバープレートのデザインの常識を覆すデザイン。ただカラフルと言ってもかなり白っぽくなっていて文字の視認性はあまり低下しない。遠くから見ると普通のナンバーと見分けがつかないこともあると思う。



しかし数年前にナンバープレートの薄い着色カバーが違法だとかなんだと言っといて、こんなにごちゃごちゃした図柄ナンバープレートが合法になるとは!いい時代や。
今後ご当地の図柄ナンバープレートも順次導入されるらしい。2020年を過ぎたらそっちに交換しよー(^o^)/
なお、ロゴマークは片方はオリンピックでもう片方はパラリンピックとなっている。



フロントにオリンピック、



リアにパラリンピックにした。どちらをフロントにするかは個人の自由だが、封印をしてもらうと簡単には変更できないので注意。



今まで装着していたスバル純正のナンバープレートフレームは取り外した。

まとめ。図柄ナンバープレートは低価格かつ簡単でとても目立つカスタマイズ(^o^) そのうち公式痛ナンバーとか登場しそうw


【追記 2017/12/03】
ヤフオクでこんなナンバープレートフレームを見つけたので装着した。


黄色文字でSUBARU STI Performanceと書いてある。おそらく勝手にカッティングシートで作った非正規品(^-^;)でもよくできてる。片方はリアの封印に干渉しないようにネジ穴がカットしてある。このフレームはナンバープレートの上からかぶせて共締めするだけなので見た目はともかく取付簡単。
取付時は右写真のように下部に両面テープを貼ると安定した。


うまいことナンバーはもちろんオリンピックのロゴマークにも干渉しない。ナンバープレートより上下に1cmずつ大きいためナンバー周りにスペースのない車には装着できないだろうが、BRZの場合は取り付け上問題なかった。
うーん。黄色より蛍光イエローだともっとスバルっぽくて良いんだけどな。飽きたら取り外そう。


【追記 2017/12/05】
このフレームがプラスチックそのもので安っぽいのでつや消しクリアーで塗装した。


Mr.HOBBY.com/Mr.スーパークリアー(溶剤系スプレー) つや消し
http://www.mr-hobby.com/itemDetail.php?iId=271

この塗料最高(^o^)/軽く2回ほど吹き付けただけで良い感じにつや消し塗装っぽくなった。塗装することでステッカーも保護できるだろう。

0 件のコメント:

コメントを投稿