ラベル

2016年4月23日土曜日

湯谷温泉 泉山閣

2016/04/23 湯谷温泉 泉山閣に行ってきた。


そういえば最近開通した新東名の延伸区間をまだ走っていないな、というわけで新東名の新城ICに近い湯谷温泉に行ってみることにした。新城ICから湯谷温泉までは20分位かな。



飯田線の湯谷温泉駅。無人駅だが内部は観光案内所になっていて、近隣の温泉宿の立ち寄り入浴について親切に教えてくださった。ガイドさん、良い情報をありがとうございました(^o^)/
その後、駅にちょうど下りのワイドビュー伊那路がやってきた。意外なことにハイキング客などなんと30人位が下車したので驚いた。人気じゃん。
飯田線では何度も素通りしているが、温泉街に立ち入るのは初めて。渓流沿いに温泉宿が並んでいるタイプの温泉街。とはいえ数件程度の小さな温泉街だ。



湯谷観光ホテル 泉山閣【公式サイト】
http://www.senzankaku.com/

ガイドさんの勧めもあって泉山閣さんへ。11時から1,000円で入浴することができた。
脱衣所にはロッカーがないということで、貴重品をフロントにあずけて温泉へ!
脱衣所は旅館らしくアメニティ使い放題。ミネラルウォーターも飲めるし、高級な感じ。



久々の貸し切りヒャッホイ!
旅館なので石鹸類も高級品だ。



外に見えるのは宇連ダムで有名な宇連川。岩盤の上を水が流れているような川である。それを眺めながらのんびり温泉を独り占め。贅沢すぐる(^o^)/



湯はちょっと珍しいタイプ。ほんのり緑色に濁っていて、湯の花は赤茶色。舐めてみるとebianを濃くしたような味。塩辛さは感じられない。見た目や味もしっかりしているので、温泉らしい温泉と言えよう。
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物泉、35.9℃、pH8.1、加水なし、加温循環消毒ありとのこと。まあ特に塩素臭は感じなかった。地下1,000mから汲み上げているタイプの温泉。



一応露天風呂もある。一応というのは、内湯のすぐとなりにガラス張りで壁のない部分が露天風呂というだけなので(^-^;)こちらは浴槽は小さいが、最高に心地よい空間だった。

まとめ。新東名からも近く、本格的な温泉が楽しめる湯谷温泉。おすすめする。あ、飯田線もあるでよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿