ラベル

2019年5月24日金曜日

JB23W 4型ジムニーにハイマウントストップランプを設置

2019/05/24 JB23W 4型ジムニーにハイマウントストップランプを設置してみた。

俺のジムニーにはハイマウントストップランプが装備されていないので安全のためにも設置してみた。


本体は適当にAliexpressで200円くらいのを購入。送料も約200円。中国から21日かかって届いた。こういうのはAliexpressに限る(^^)
なお本体の長さは種類豊富だが俺は一番短いのにした。14連LEDだったかな。



装着はいたって簡単。リアドアの内張りを引っ剥がして出てくるこのコネクタがハイマウントストップランプ用配線なのでわかりやすい。この配線をぶった切って本体とギボシ端子で接続すればおk。



ウインドウ上部のこの穴に配線を配線通しを使って配線を通した。
本体はこのように両面テープで固定。元々付いていた両面テープは粗悪なんで手持ちの超強力のやつに交換した。




こんな感じに点灯!(^o^)/ 後方からの制動時の視認性が向上した。
普通のLEDなんで指向性が高いのでどの方向に向けるかはちょっと悩んだ。この製品は自由に角度を変えられるので不満があれば調整できるのが良い(^^)
あと、この装着方法だと車内への光漏れがあるので適当に黒色ビニールテープを貼って対策しておいた。

まとめ。JB23のハイマウントストップランプ装着はとても簡単!安全性向上におすすめのカスタム。

以下自分用メモ。
古い車あるあるでドア内張りのクリップが折れた(^-^;)


調べたところフジックス トリムクリップ TS-4が適合ぽい。
トリムクリップ | 株式会社フジックス - http://web.fujix-net.com/revs/fastener/fastener06/
しかし上記は簡単には入手できなかったのでエーモンの1941トリムクリップで代用した。

2019年5月20日月曜日

スーパーチャージャー仕様のBRZにリコール

2018/11/01 スーパーチャージャー仕様のBRZにリコール


俺のBRZは車台番号は2000番台のアプライドモデルA型なわけだが、このほどスバルからリコールが出た。数日前に朝日新聞社がすっぱ抜いた通り。

リコール等情報対象車両検索 | 株式会社SUBARU(スバル) - http://recall.subaru.co.jp/lqsb/



検索してみると俺のBRZもバッチリ対象だった(^-^;)



バルブスプリングの材質の不具合らしい。バルブスプリングはその名の通りバルブを動かす部品なので折れた場合の被害は大きい。エアバックは車の寿命まで作動しない可能性がの方が高いが、バルブスプリングは毎日何十万回も伸縮しているわけだからリスクは高いだろう。
しかし水平対向エンジンだけにバルブスプリングの交換作業はかなり大変そう。
あと俺のBRZは既に6年経過9万キロ以上走っているわけだが、この期に及んでエンジン部品のリコールが来るとは。もう寿命ってことで売ってしまっている人もいることだろうに。というか9万キロも正常に乗れればとっくに保証も切れてるしリコールしなくても良いんじゃないか?(^-^;)


【2018/11/06】



スバルから「リコールのご案内」が届いた。内容としては「作業準備が整い次第改めて連絡します」といったものだった。
実際の対応としては車両を数日間ディーラーで預かりバルブスプリングの交換作業をするという。
俺のBRZはスーパーチャージャーが装着されているのでどうなるんだろう?と思ってディーラーに問い合わせてみたが、「スーパーチャージャーの取扱説明書を持参いただければディーラーで作業します」との回答だった。ディーラーさん大変ですな(^-^;)
まあ、チューナーにお金を払ってリコール作業をしてもらう訳にはいかない事情もあるのだろう。


【2019/03/14】
4ヶ月以上なんの音沙汰もなかったんだけど、本日ついにスバルから「リコール作業予約受付のご案内」という手紙が届いた。



ネットを見るとこの間多くの人がリコール作業を経験したようで、交換後オイル漏れやエンジン警告灯点灯などで再入院になった人もいる模様。俺のBRZはスーパーチャージャーのこともあり作業後不調になっても応じてもらえないんじゃないかとか、とりあえず不安でしかない(^-^;)


【2019/03/26】
というわけで手紙をもらってからもリコール作業を予約する気にならずしばらくもやもやしていたんだけど、リコール箇所が原因で事故を起こしたときの所有者責任問題も気になるところだったので、とりあえず電話してみることにした。
フリーダイヤルなので多分全国共通のコールセンターなんだろう、対応は極めて丁寧かつスムーズだった(^^) スーパーチャージャー仕様であることを告げると「ご申告ありがとうございます」と言われ(^-^;)、その他のエアロやマフラー、車高調などカスタム状況(メーカー名など)を割と細かく聞かれた。あと「車検に通りますか?」も聞かれたのでここは迷わず「はい」と答えたw
しかし「スーパーチャージャー脱着に伴い必要な消耗品はお客様でご用意頂く必要があります」とのこと。まあそれは仕方ないかなとは思ったんだけど、さすがに脱着に伴い何が必要になるかなんてわからん。おそらくHKSのスーパーチャージャーなんてつけてる人がたくさんいるから各所で揉めてるだろうと思い「リコール作業で壊れるのが心配何が必要なのかわからないので、HKSスーパーチャージャーの脱着作業をやったことのある店舗での作業をお願いしたい。東海三県なら遠くても行きますので」と伝えた。
しばらくすると「そのような店舗はありませんので、お近くの店舗で一度車両の状況を確認させてください」との返事だった。まあ無いわけはないので、そういう対応はしないという意味なのだろうと理解した。下手に対応すると□□県の〇〇店にスーパーチャージャー仕様のリコール車両が大挙して押し寄せパンク!とか起きそうだしなあ(^-^;)


【2019/04/01】
てことで近所のディーラーで事前入庫して脱着に伴い必要な消耗品がなにかを見てもらった。オイルと一部ホース類が必要になるみたいだったけど、これらは本社に請求できるとのことだった。良かった(^o^)/
入庫に伴う保安基準適合に関する指摘が一切なかったのも助かった。リコールってすげえなw
作業は5月上旬からになった。


【2019/05/09】
本日よりBRZがバルブスプリングのリコールでディーラーに入庫!2週間を目安に預けることになった。
さて、代車はなにかな?XV?インプレッサ?wktk!



ってレンタカーのカローラかよ!(T-T) スバル車ですらなかったYO! ま、何の付き合いもないディーラーにスーパーチャージャー仕様車のリコール作業を依頼するとこうなる、ということで(^-^;) 代車を貸してもらえるだけありがたいことです。
ちなみにカローラは快適すぎてビビった。CVTは極めてスムーズで乗り心地も良い。燃費も良い。5ナンバーで小回りがきく。トランクは広い。これで150万円とかさすがカローラとしか言いようがない。

【2019/05/20】
一昨日作業完了の連絡があり本日ディーラーに取りに行ってきた。


受け取った明細書はこんな感じだった。請求金額は0円だった。
SPRING-VALVE EG KITというのがバルブスプリングで、SH3ユシダイイッシキというのがエンジンオイルなどだろう。俺の場合はスーパーチャージャーが装着されているのでそれに加えて社外スーパーチャージャー脱着、バンパーフェース/フロント脱着、サクションフランジガスケット、トラクションオイル800MLなどが必要だったと考えられる。スーパーチャージャーの脱着だけでも大変なのに、目玉が飛び出るくらい高いトラクションオイルを交換してもらえて大変ありがたかった。



インジェクターのコネクタ?が溶けて外れかかってたので中古品に交換しておいてくれたそう。ありがたい(^^)



エンジン始動。すぐかかったしチェックランプが点いたりもしなかったので一安心(^o^)
走行距離は入庫時からたったの2kmしか増加してなかった。ありがたいことではあるけど、もっとしっかりテスト走行して欲しいような気もした(^-^;)



というわけでテストも兼ねて久々にBRZでドライブに出かけた(^o^)/
運転してみてもリコール作業前と違いは感じられなかった。スーパーチャージャーもきちんと機能していてブーストもかかった。



当たり前だがエンジンルームの見た目に何の変化もない。
作業後にオイル漏れが発生することもあるそうだが、80km程走行してみても今の所アンダーカバーにオイルが溜まってるとか、走行中に匂いがするようなことは全く無かった。

まとめ。もうしばらく様子を見たいとは思うが、ひとまずスーパーチャージャー仕様のBRZでも無事にリコールによるバルブスプリング交換作業を受けることができた。

2019年5月5日日曜日

米沢温泉 塩壺の湯

2019/05/05 米沢温泉 塩壺の湯に行ってきた。


米沢温泉 塩壺の湯 - https://www.city.chino.lg.jp/soshiki/chiikifukushi/1361.html

塩壺の湯は長野県茅野市にある公共の日帰り温泉施設。
いかにも公共施設といった外観。券売機で600円の入場券を購入し入場。なお茅野市民は400円。内部は新しくて清潔。広い休憩所はあるが、食事処は無し。でも出前が取れるみたいw
脱衣所にはリターン式コインロッカー完備。

浴室には広い浴槽と冷泉浴槽、サウナと水風呂があった。手すりがしっかり設置されている。もちろんシャワーや石鹸類も完備。
露天風呂はないが浴室から残雪を抱く山々が臨め景色は最高だった。

湯は無色透明無味無臭だが、浴槽壁面は茶色に染まっていた。
分析表によれば、ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物冷鉱泉、24.2℃で循環加温消毒ありとのこと。

まとめ。湯は特徴に欠けるが清潔で快適な施設。

2019年5月3日金曜日

稲子湯旅館

2019/05/03 稲子湯旅館に行ってきた。


稲子湯旅館 - www12.plala.or.jp/Inagoyu/

稲子湯旅館は長野県南佐久郡小海町にある温泉旅館。R299麦草峠から少し東へ行ったところにある、かなりの秘湯と言っていいい立地の温泉宿だ。



建物は山小屋風。目の前にバス停があって小海駅方面のバスが発着していた。登山届のポストも設置されていた。



受付で650円を支払い中へ。かなり年季の入った温泉宿。
脱衣所には単なるロッカーのみなので貴重品はフロントへ預けよう。



浴室はこんな感じで素晴らしい雰囲気!ほんのりと硫黄の香りが立ち込める。
洗い場には硫化水素で真っ黒のカランのみでシャワーは無し。石鹸類は完備。



浴槽の端っこに白く輝く源泉が!



ここに冷たい源泉がどんどん湧いていて飲泉することもできるようになっている。しかも蛇口をひねれば浴槽に源泉がドバー!っと注ぎ込む仕組み。こんなの見たことない!
飲んでみるとこれは硫黄サイダーだ!金気もあって超美味しい(^o^)

浴槽の湯はかなり熱かったので源泉で埋めて入浴すると、こりゃ最高!!さっぱり硫黄泉ですな\(^o^)/
分析表によれ単純二酸化炭素・硫黄冷鉱泉、8.3℃、pH5.0、67.1L/分で、加温循環ありとのこと。源泉が8.3℃というのは過去最低ではないだろうか(^_^;)

休憩所は登山者とライダー向けのいい感じの空間だった。


まとめ。最高の泉質と風情。心からおすすめする。