ラベル

2019年3月24日日曜日

ゆーとろん 水神の湯

2019/03/23 ゆーとろん 水神の湯に行ってきた。


ゆーとろん水神の湯|入笠山の麓、8種の露天風呂が特徴の日帰り温泉 - https://yuutoron.com/

ゆーとろんは長野県諏訪郡富士見町にある日帰り温泉施設。富士見パノラマリゾートスキー場からほど近い場所にある。中央道の諏訪南ICから約7分、R20からすぐそばの場所にあり、アクセスはとても良い(^^)

新しい施設で大変清潔。料金は900円と少し高いが、公式サイトの割引券で誰でも750円になるのでそれならまあ普通かと。
脱衣所には鍵付きロッカー完備。


内湯の浴室に入ると硫黄の香りが!注ぎ口からは硫黄の香りのする新鮮な湯が掛け流されていた(^o^)/久々に本格的な硫黄泉に入ったなあ。
もちろんシャワーや石鹸類は完備。
この日は土曜日の12時台だったが空いていた。スキー帰りの客で午後は混雑することだろう。



露天風呂は広い。熱い湯やぬるい湯、冷たい湯など複数の浴槽に分かれていた。露天風呂は二種類あり男女時々変わるっぽい。

湯は硫黄の香りのする微白濁で少しヌルヌルするタイプ。最高の泉質ですな(^_^)ノ
分析表によればアルカリ性単純硫黄泉、pH10.3、28℃、113L/分とのこと。意外にもこれは過去最強レベルのアルカリ性だ。

帰りに食事処で昼食をいただいたが、こっちはまあまあですな(^-^;)

まとめ。よく通るR20近くにこんな泉質の良い日帰り温泉ができていたとは!おすすめする。

2019年3月6日水曜日

2019 深圳&香港旅行まとめ

2019/01/24-27 2019 深圳&香港旅行まとめ


1年ちょっとぶりに深圳&香港へ旅することになった。楽しすぎて今回で4回目(^^)
今回は車でセントレアに行き東横インを公式サイトで予約して前泊し駐車場を無料にしてもらった。このパターンいい!
上の画像はポケットチェンジというWeChatPayを日本人でも使えるようにしてくれる機械!前回の記事でも書いたけど中国ではどんどん現金が使いにくくなってるのでいい加減電子マネーを使いたい。セントレアにもあってよかった!
Home | Pocket Change - https://www.pocket-change.jp/ja/



今回のSIMはこちら。結論から言うと中国でも香港でも問題なく使えた。中国国内の方が速かったかも。
Amazon.co.jp: 【CMLink】中国 香港 澳門 3ヶ国 4G-LTE/3G 8日間(192時間) 500MB/日(500MB越えても384kbpsにて無制限通信可能) データ通信 SIMカード GLOBAL DATA SIM Card: 家電・カメラ - https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07KSG8QZD/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o06_s00?ie=UTF8&psc=1



航空機はキャセイパシフィックの直通便にて。機内食が提供されたのはもちろんハーゲンダッツも提供されてお得だと思った(^^)



香港国際空港からは前回と同じく高速船で深圳の蛇口へ。



中国は旧正月ムード一色!華やかで楽しくなるね。
セブンイレブンでWeChatPay初挑戦!自分のバーコードを店員さんに読み取ってもらえて無事青島ビールを購入できた!やったーw



深圳では老街をブラブラ。露店では英語が通じないのでWeChatPayに苦戦した。店舗のQRコードを読み取って相手の言った値段を入力して支払う場合は中国語ができないと難しい。
何年か前に行ったオタクビルも健在だった。



市民センター付近のビルが連携したイルミネーションは圧巻!すごすぎでしょ(^-^;)


2019/01/25


宿泊は華強北路のホテルにしてみた。最上階付近がホテルなので部屋からの景色はこの通り。ホテル代は安いけど朝食が高いので翌朝は近所の露店で労働者に混ざって饅頭を買って食べた。



前回には建設中だった華強北路の地下街が通れるようになっていたが、商店はまだオープン前だった。夏はめちゃ暑いので地下街を通りたくなる気持ちはわかる。



今回は憧れのMobikeにも挑戦してみた。深圳には街のいたるところにレンタルサイクルがおいてある。
Mobikeは世界初にして最大のスマートシェアサイクルサービスです。 - https://mobike.com/jp/
日本でもやってるMobikeに登録すれば深圳でも利用することができた。
アプリでそこらへんに置いてある自転車のQRコードを読み取ると眼の前で鍵が解除された!感動!タイヤはノーパンクタイヤで乗り心地は悪。耐久性を追求しているのだろう。
目的地まで行って鍵をかけると利用終了となる。カンタン!



自転車で香港との国境の川まで行ってみた。今の所別の国のような扱いなので塀などがしっかりと張り巡らされている。



ブラブラしてMobikeの鍵をかけるとこのように今回の経路や距離、消費カロリーが表示された(^-^;)すごすぎでしょ。つか4kmで31円は安すぎ。日本円でだよ?



地下鉄で移動して世界の名画のコピーを大量生産している油画村へ。路地裏では職人さんがスマホの写真を見ながらせっせと複製に励んでおられた。そこら中でゴッホのひまわりなど見たことのある名画が数百円で売られていてちょっと欲しくなる気持ちもわかるが、税関とかで見つかると厄介な気がしたのでお土産にするのはやめておいた(^-^;)



市民中心の近くの福田駅から昨年開通したばかりの中国新幹線に乗って深圳を後にした。チケットは日本で予約できる。窓口で予約番号を見せて切符を受け取れば自動改札で乗車するだけ。



福田駅から香港西九龍駅へは所要時間14分で到着。全部地下なのでつまらんぽ。
中国から香港へのイミグレは香港の駅にある。

今回WeChatPay決済をしたことによりとうとう1元たりとも現金を使うことはなかった。便利すぎるぜWeChatPay!ちなみに日本人が日本の対応店舗でWeChatPayを使用することは今のところできない(^-^;)



香港の宿は前回と同じ香港のアキバ鴨寮街近くのホテルミニマルカルチャー!超オススメ!
安くて機能的で景色もよく最高の宿。ただし部屋はものすごく狭いよ(^^)/


2019/01/26



香港ではまずは啓徳空港の跡地にできた啓徳郵輪碼頭公園に行ってみた。
1999年まで香港の玄関口だった啓徳空港の跡に国際フェリーターミナルみたいなのができていて、その屋上が公園になっている。バスで行くことができ無料で入れて絶景なのでおすすめ。人もほとんどいなかったしw
先端の公園には啓徳空港の岸壁の一部が保存されていた。空港に関する展示もあって興味深い。航空ファンは必見かと。



香港のIKEAに行ったりした。当たり前だけど世界共通ですな。でも日本には売ってない商品もあるみたい。



シャオミの公式ショップにも行ってきた。楽しすぎる!というかネイザンロード人多すぎ(^-^;)



おなじみスマホビル先達広場PCビル黄金電脳商場にも行っておいた。相変わらずの活気(^o^)/


2019/01/27



スターフェリーで香港島に渡り香港海事博物館へ。昔の港の歴史だけではなく俺の興味があるフェリー埠頭のことまで充実した展示で満足できた。海事ファンに超おすすめ!w



トラムで香港政府ビルに行ってみたらなんだか女性が公園や通路にテントを張って団らんしている。何事かと思って警官に訪ねたら、「彼女らは家政婦で日曜日は皆休みなのでお金のかからない方法で同郷の仲間と過ごしているんだよ」みたいなことだった。なにはともあれ異様な光景だった。通路にダンボールを敷いて団らんはちょっとなあ。



まとめ。今年も深圳&香港の旅は刺激的で楽しすぎた。今回の最大の収穫はWeChatPayとMobikeが使えたことだな(^o^)/

2019年3月4日月曜日

富良野スキー場

2019/03/02 富良野スキー場に行ってみた。


トップページ |富良野スキー場|プリンススノーリゾート - http://www2.princehotels.co.jp/ski/furano/



今回は富良野プリンスホテルに宿泊したのでゲレンデへのアクセスはもちろん、日中部屋で休んだり、スキーロッカーが使えたりして快適だった(^-^)特に朝食は北海道尽くしで最高!



富良野スキー場は富良野ゾーンと北の峰ゾーンに分かれている。まずは富良野ゾーンから。



土曜日だけどゲレンデはガラガラ。リフト待ち無し。外国人はトマムより少なく、まあ4割位かな。それでも十分多いけど。



110人乗りのロープウェイは随時運行って感じだった。クワッドリフトとペアリフトを乗り継いでロープウェイ終点まで行くこともできた。



ロープウェイ終点には通年営業のロープウェイらしく植物や民族史に関する展示もあって面白かった。



この日は新雪が15cmほど積もり多過ぎもせず少なすぎもしないパウッパウのコンディションだった(^_^)ノさすが北海道!来て良かった北海道!



特に最上部のダウンヒル第3ロマンスリフト沿いのパノラマコースは最高で何度も滑走してしてしまった。フカパウ最高!

下部までまんべんなく雪が積もっていたが、あまり気温に変化がないのかコンディションは下部も変わらない印象だった。この日の気温が最高0℃くらいだったからかも。

中腹から下部へはチャレンジコースが変化に富み面白かった(^-^)



続いて北の峰ゾーンへ。こちらには6人乗りゴンドラがある。着席タイプで快適そのもの。
上部のプレミアムゾーンが雪崩の危険のため開放されていなかったの非常に残念だったが、大壁や裏小壁など名物っぽいこコブ斜面があるのは老舗っぽくて良いと思った(o^^o)



山頂からの富良野平野の景色は最高の一言。さすが北海道。本当に標高の低いところにスキー場があるんだなあ。



北の峰ゾーンのおすすめは北の峰第2ロマンスリフト沿いのチャレンジコース。朝イチでリフト運行開始を待ってのファーストトラックはまさに生きてて良かった!の一言。

富良野ゾーンから北の峰ゾーンを繋ぐ連絡コースがかなり難しいのは気になった。狭く荒れた急斜面なので初級者はバスでゾーン間を移動することになる。これは面倒だが地形的につなぐのが難しいのは確かかと。

まとめ。富良野は日本を代表するスキーリゾート。特に中級以上におすすめできる。