ラベル

2019年1月4日金曜日

阿里山森林鉄路車庫園区に行ってみた + 高鉄パス

2018/11/03 阿里山森林鉄路車庫園区に行ってみた + 高鉄パス


阿里山森林鉄道といえばあまりにも有名な独立山スパイラルループを含む森林鉄道だ。いつか乗ってみたいと思っているが残念ながら長年災害運休中。再開したらぜひ乗ってみたいと思いながら数年が経過した。今回はちょうど台鉄で嘉義を通りかかったのでせめて展示施設だけでもと寄ってみた。



この日は台南駅からローカル列車に乗って嘉義駅までやってきた。
台湾の鉄道は左側通行だったり駅舎が国鉄っぽかったりと日本の影響を色濃く残している。



嘉義駅には阿里山線の案内が!ぜひ乗ってみたい!
阿里山森林鉄路車庫園区は台湾の嘉義駅から2kmほどのところにあるので森林鉄道沿いをのんびり歩いていった。



北側の入口に到着!入場は無料!
園内にはあまり人がいなかったが家族連れなどが訪れていた。小さな喫茶店もあったが、さほど大きな施設ではない。
ここは現役の車両区の片隅の土地であり、踏切などは現役なので注意。とはいえ列車は一日2往復くらいしかないのだが(^-^;)







園内の光景いろいろ。森林鉄道の車両が現役の車両も含めて多数展示されていた。欧米の鉄道車両と比べるとなんとなく日本と共通する思想で作られているので安心できるようなつまらんような。
日本語の説明はないけど広東語は読みやすいので何となく伝わる部分もあった。



帰りは南側の出口から退場。こちらは大通りに面しておりわかりやすい。




その後台鉄のローカル線で台中まで行った。
台鉄は自転車でも乗れて便利。概ね空いていて車内も清潔で快適だった。
台中駅は日本時代の駅舎を保存し、少し離れたところに超巨大な新駅舎ができていた。ダイナミックな光景。



おまけ。台湾高鉄パスについて。


高鉄3日パス(高鉄(新幹線)3日間周遊券) | 台湾ツアー予約-台北ナビ - https://www.taipeinavi.com/tour/180/

高鉄パスは8,000円で台湾新幹線が3日間乗り放題の外国人向けパス。
今回のように3日間西海岸を旅するときにはお得なので買うべし。
日本で予約して予約番号とパスポートを持って現地の有人窓口で引き換える必要がある。



無事ゲット(^o^)/
座席指定もできるけど自由席なら本当の意味で自由に乗り放題なので、適当に駅に行って来た列車の自由席に乗ればいいと思った。



ホームに入るときに自動改札機が使えず駅員にパスとパスポートを確認してもらいドアを開けてもらう必要があるのはやや不便だったかな。まあ仕方ないか。



ちなみに今回の行程の桃園ー台南往復でもぎりぎり元は取れたんだけど、結局俺は台南から台中まで台鉄(在来線)で移動してしまったので損してしまった(^-^;)
その大きな理由が高鉄の駅が街の中心部から大きく離れていること。普通に地下鉄や在来線で20分位かかってしまう場合が多い。それなら近距離ならローカル線で行ったほうが便利、となってしまうのだ。

まとめ。高鉄パスは台北ー高雄往復などにはお得だけど近距離移動を繰り返すなら台鉄に悠遊カードで乗るほうがお得。

0 件のコメント:

コメントを投稿