ラベル

2018年1月31日水曜日

BRZに後期用STIフェンダーガーニッシュを取付

2018/01/31 BRZに後期用STIフェンダーガーニッシュを取付てみた。


BRZのフェンダーガーニッシュは気軽にできるドレスアップのひとつ。今回は俺のA型BRZにF型用のSTI製フェンダーガーニッシュを装着してみた。



最近のBRZにはWRブルーマイカが設定されておらず、類似色はWRブルーパールなんだけど微妙に異なる色の部品をつけるのは嫌だったので、どうせならと思い切ってクリスタルブラックシリカの部品を選択した。どうなることやら。
品番は右側が91112CA310V2で、左側が91112CA320V2だ。各1万円ちょい。



わりと凝った意匠で、前期型のSTIフェンダーガーニッシュよりもカッコイイと思った。前期用よりこっちのほうが安いし(^-^;)



ノーマルのフェンダーガーニッシュはこんな感じ。いかにもフェイクのメッシュがちょっとなあ、と思っていた。



交換は簡単。養生してドア側から引っ張って外すだけ。ドア付近には両面テープがあるのでゆっくりじわじわ剥がせば良い。あとは内装外しを差し込んでクリップをパチパチ外せばおk。
外しても穴が開いているわけではないのでメッシュが本物でも空気が流れたりはしないんだなあ。



汚れていたのできれいに掃除。
両面テープの残りは無水エタノールを使えばわりと簡単に除去できた。



取付は車両先端側のクリップ部分から付けていき、最後にドア側の両面テープ部分を貼り付けるようにすれば良い。
ブルーのボディーにブラックのパーツが映える(^o^)/





うーん。とりあえず目立ちすぎ。今のところかなり違和感はあるが、そのうち慣れる、かな?(^-^;)

まとめ。フェンダーガーニッシュは他にもウイングタイプとかもあり、気軽にできるドレスアップとして楽しい。

2018年1月29日月曜日

BRZにゼロスポーツのスポーツステアリングを装着

2018/01/29 BRZにゼロスポーツのスポーツステアリングを装着してみた。


インテリアパーツ - ZC6 - BRZ | ZERO/SPORTS | 株式会社ゼロスポーツ
http://www.zerosports.co.jp/Product/1227/0971003

ステアリング交換には興味はあったけど、エアバックは取りたくないし、かと言って純正交換タイプは5万円以上するものが多くて躊躇していたところ、掘り出し物を見つけた!



旅の途中でぶらり立ち寄ったスーパーオートバックス静岡中原で、俺の地元岐阜のゼロスポーツ製のスポーツステアリングが半額になっているのを発見!即購入(^o^)/



中身は本体と説明書だけ。本体と言ってもエアバックやパネルは純正品を使うので中心部はがらんどう。



ステアリング取り外しはDIYのDVDなどを参考にサクッと行った。エアバックやホーンが誤作動しないようにバッテリーのマイナス端子を取り外してから行うべし。
中心部の17mmのナットはとても硬かったが、ホイール用のトルクレンチを使うと簡単に緩めることができた。
ステアリング本体は、プーラーを持ってない俺は先人の教えに従いナットを緩めた状態にしておいて左右を交互に引っ張って取り外した。ナットを完全に外してからこの作業をすると急にステアリングが外れて顔にあたって歯が折れたりしそう(^-^;)



左が純正。右がゼロスポーツ。
並べてみるとゼロスポーツの方が直径が小さく太いことがわかるだろう。あとゼロスポーツの方は下の部分が平らになっていて言わばDの字型になっている。どちらも本皮製だが5年以上使っている純正ステアリングはツルツルテカテカだ(^-^;)



外したらこの左画像のバネと、右画像の上の部品と奥のカバーをゼロスポーツのステアリングに移植して取り付ければ完成。取り付ける時に、取り外したステアリングと同じ角度で取り付けないと車が真っ直ぐ走らなくなるので注意。



こんな感じで取り付け完了!おおー!一見純正っぽいが、分かる人にはわかるカスタムって感じで良い(^^)



ゼロスポーツのロゴは何と下部の裏側にひとつあるのみ(^-^;)運転していて視界に入ることはない。控えめ!

使ってみた感想としては、まず太くて持ちやすい。俺は手がでかいからこのくらいがちょうどいい。10時10分や9時15分などステアリングの凹凸が手にフィットして気持ちが良い。俺は片手で運転することが多いんだけど、気持ちが良いので思わず両手で握っちゃうw あと、直径が小さいのでスポーツカーっぽさが増す。表面がザラザラしてるので手の中でステアリングをすべらせると「シャーッ」っていう。
デメリットかもしれないのは直径が小さくなったために、メーターが見にくくなったのと、ハンドルを切るのに力が必要になったことかな。見にくいと言っても燃料計が少し見にくい程度でありメインのタコメーター周辺の視認性は問題ない。


まとめ。毎日握るステアリングが変わると気分も変わって良い感じ(^o^)/

2018年1月28日日曜日

HKSプレミアムデイ2018に行ってみた

2018/01/28 HKSプレミアムデイ2018に行ってみた。


HKSプレミアムデイ2018 | イベント/キャンペーン | HKS
https://www.hks-power.co.jp/event/hpd2018/index.html



先日行った東京オートサロンのHKSブースで招待券をもらったので、初めてプレミアムデイに行ってみた。
もらったものいろいろ。スタンプラリーもあるのか。マスクももらえたw



この日は快晴!富士山もバッチリ! 会場の駐車場にはチューニングカーばかり(^o^)/ もちろん俺もBRZで行ったぜ!





富士スピードウェイには初めて入場したけど、その規模の大きさにびっくり。ここでF1も開催されたのか!感動!
しかしよくみると建物の作りはとても安普請に見えた(^-^;)ま、コストコスト。





会場内の様子。いろいろなメーカーやチューナーが出展していた。イベント特価で買い物ができてまるでオートサロンのようだ。
ブースにスタンプが設置されていてラリーが捗った。



スタンプラリーをクリアしたらご覧のリストバンドがもらえた(^o^)/



シャーシダイナモでHKS製品を搭載した車両のパワーチェック大会もやってた。
このSA246江田の86は俺のBRZと似たような仕様で329PS出てた。



1000円の抽選会にも参加。一番下の8等フェイスタオルだった(T-T)



86&BRZとS660のミーティングもやってた。同じ車種が並ぶと壮観ですな(^o^)




プレミアムサロンではHKSの新製品が多数!



そしてメインコースでは様々なチューニングカーが入れ替わり立ち替わりタイムアタックをしていてすごい迫力だった。何より爆音がすごかった。ストリートチューンの車とは全く別物ですな。
あと見ての通りスタンドはガラガラ。もうちょっと観客がいてもいいと思った(^-^;)



結構起伏のあるコースなのね。ホームストレートと比べると南側はかなり低いところにある。



600PSクラスのマシンは300km/h以上出ていたと思われる。俺の目の前でウイングが砕け散った!すごい世界だ。

まとめ。富士スピードウェイ初体験とあいまってとても楽しいイベントだった。今後もオートサロンで招待券が貰えれば行きたいと思うw

2018年1月27日土曜日

平山温泉 龍泉荘

2018/01/27 平山温泉 龍泉荘に行ってきた。

平山温泉龍泉荘は静岡市葵区にある湯治場。公式サイトは無いようだ。



大都会静岡市の中心部から20分位移動すると平山に着く。新東名の高架のすぐ南側だ。
駐車場は県道沿いに4台程と下の段に十数台ほどあった。



温泉へはここを左に降りていく。



営業時間等はこの通り。日帰り入浴歓迎のようですな。



お。荷物用モノレール。この階段を70段ほど下って川原まで行くと温泉がある。



いい感じにひなびた建物(^o^) 受付で500円を支払い中へ。
休憩室利用とか宿泊とかはもちろん別料金。建物の奥からカラオケの音が聞こえてきていた。



脱衣所には単なるロッカーのみなので貴重品注意。
注意書きが色々。なんと石鹸使用禁止。久しぶりの硬派な温泉だ。



硬派な決まりがあるだけのことはある、素晴らしい雰囲気の浴室。
硫黄の匂いが充満していた。単純硫黄泉とのこと。ネット情報では冷鉱泉の加温らしい。
真ん中の岩のところから熱い硫黄泉が注ぎ込まれていた。単純硫黄泉なので飲んでも美味しい(^^)v 
浴槽はとても凝っている。内部が3つに仕切ってあって、手前の部分が40度位、左奥の部分は34度位、右奥が38度位になっていたように思う。好きな温度に入れ替わり立ち代り入ると良いだろう。

まとめ。雰囲気、泉質ともに最高!心からおすすめする。しかし都会から近いのにこの泉質!静岡市恐るべし。