ラベル

2013年6月23日日曜日

GALAXY SIII(SC-06D)の公式Android4.1をROOT化

2013/06/23 GALAXY SIII(SC-06D)の公式Android4.1をROOT化した。

やっとこさドコモから公式OTAアップデートが来た。前回の記事に書いたようにこの準備のためにMA2の状態にしておいたが、ROOTEDにして使用していたためアップデート通知は来たがさすがにアップデート自体は失敗してしまった(^-^;)


画面のようにドコモショップに問い合わせるわけにもいかないので、以下のようにしてAndroid4.1化とROOT化をしたので自分用のメモとして記録しておく。今回は超メモw
必要なファイル類は上記の記事を参照。

<準備>
Titanium Backupでバックアップ。
内部ストレージにsgs3_rooting_supersu_v3.zipを置いておく。
念のため内部ストレージに起動できるROMを置いておく。
SamMobileでSC-06DのMF1のファームウエアをPCにダウンロードして解凍しておく。
Odin等必要なファイル類を準備する。というか前回の作業で全部揃ってた。

<作業手順>
ROOTEDで使用中のSC-06Dをダウンロードモードで起動(下+Home+電源)し、Odinでcwm_for_sc06d.tar.md5を焼く。
直後にCWMに起動(上+Home+電源)しFR、Wipe Dalvik Cache、Wipe Cache Partitionを実行する。
ダウンロードモードで起動しOdinでSC06DOMBMF1_SC06DDCMBMF1_SC06DOMBMF1_HOME.tar.md5を焼く。
通常起動してGoogleアカウント登録。ビルドMF1およびAndroid4.1.2であることを確認。
おサイフケータイを起動して終了する。
ダウンロードモードで起動しOdinでcwm_for_sc06d.tar.md5を焼き、直後にCWMに起動する。
CWMでsgs3_rooting_supersu_v3.zipを焼いて再起動。
SuperSUを起動しバイナリを更新。
Titanium Backupを起動しROOT権を確認。メニュー→環境設定→トラブルシューティング設定→システムのBusyBox使用にチェックを入れる。
Tryangle Awayでカウントをリセット。
おサイフケータイが起動できないことを確認して再起動。
おサイフケータイが起動できることを確認。(CWMのままで大丈夫のようだ。)
本体設定を整えて、Titanium Backupでアプリを復元したり、ドコモアプリを凍結したりして完了!


Androidバージョンは4.1.2。やっとこさJelly Beanでワンセグなどフル機能を使うことができるようになった。
ROOT化もできたし。CWMのまま使えてるのでカスロムも導入できるはずだし。いろいろ満足や。

ドコモさん。Android4.2アップデートをグローバル版SIIIでリリース後、早めにお願いしますw

0 件のコメント:

コメントを投稿