ラベル

2013年1月31日木曜日

HTC Desire(X06HT)にAndroid4.2.1を導入

2013/01/30 HTC Desire(X06HT)にAndroid4.2.1を導入した。

ここにきてまさかのDesireネタ。
ちょっと思うところがありDesireをAndroid4.2.1で使ってみることにした。
入れたのはこのROM。
[ROM/4.2.1] [Jan 23 2013] VJ CM10.1 | Jelly Bean 4.2.1 - v4.6 - xda-developers - http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2070704
要はCM10.1をDesire向けにしたROMだ。

導入手順を一応書いておく。真似する場合は自己責任で。
Desireの場合ストレージ領域が少ないのでmicroSDにアプリをインストールできるようにしないと全く使いものにならない。そのためアプリケーションインストール領域として使うべくmicroSDにEXTパーティションを作成しておく。これはリカバリーの機能でできる。俺は昔ながらのRA V2.0.0を使用している。なおこの操作でmicroSDの内容は全部消える。
Partition sdcard→Partition SD
Swap-sizeは256MB、Ext2-sizeは1920MBにした。たしか2GB以上にすると問題がある場合があったように思ったので。通常は1GBもあれば十分かと。
続けてSD:ext2 to ext3およびSD:ext3 to ext4を実行。

PCにmicroSDを接続。領域が2GB程度減っているのを確認。EXT領域はWindowsでは認識できないからだ。上記サイトでDLしたgapps入りROMのzipをコピーしておく。
きちんとアンマウントしてmicroSDを抜く。Desireに挿す。
リカバリーに再起動。Vol - と電源長押しで。
Full WipeしてからROMを焼く。
再起動。初回は起動にかなり時間が掛かる。
初期セットアップ。自動復元するとストレージがいきなり飽和するので、自動復元はチェックしないこと。

設定→ランチャー→ホーム画面→
画面を拡張 チェック
壁紙スクロール チェックしない
クイック壁紙描画 チェック

端末エミュレータ起動。以下のようにコマンド実行。これはA2SD(アプリをmicroSDにインストール)を有効化するための操作。
su (root権限承認)
a2sd install
Y
N
Y
自動的に再起動するとアプリがmicroSDにインストールされるようになる。

以上で完了。


このようにもともとAndroid2.1だったDesireでAndroid4.2.1が動作する。しかもかなり快適である。なおソフトバンクモバイルの公式アップデートではAndroid2.2しかリリースされていない。


わずかながらオーバークロックも可能。デフォルトは998MHz。


ストレージは標準で148MBしかないw これがDesire最大のネックなわけだが、A2SD機能で解決できる。

しかし本当に遊べる端末だな、HTC Desireすごすぎ。
俺にとって初のAndroid端末であり、Androidの楽しさは全てこのHTC Desireから教わったと言っていい。

4 件のコメント:

  1. このサイトを見てHTC Desireが欲しくなりとても参考になりました。ありがとうございます!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。今となっては超非力ですが、中身が初代nexus oneと共通な部分が多いので未だにROMがリリースされていますね。良い端末ですよ。

      削除
  2. 私もこのx06ht大好きです。
    やっと先月買い換えたのですが
    気軽にROM焼きでき、快適でいまだに自宅でwifiで使ってます。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます(^o^)/
      最近まで使っておられたとのことで、頭が下がります。X06HTはAndroid史上最高の機種のひとつですよね。Kitkatでも焼いてみようかなあ。ていうか普通にLollipopのカスタムロムもリリースされそうですなw
      古くて小さい魅惑の端末。車で言えばMINIみたいなものでしょうか。末永くガレージに保管してたまにエンジンをかけたいと思います(^O^)

      削除