ラベル

2012年11月26日月曜日

HTC J butterfly(HTL21)を触ってきた

2012/11/25 auの冬モデル HTC J butterfly(HTL21)を触ってきた。

HTC J butterfly HTL21 - HTC Smartphones - http://www.htc.com/jp/smartphones/htl21/

世界初ではないけど日本初のフルHDスマホであるところのHTC J butterfly。これはぜひ触ってみなければ!というわけで最近解禁された実機に触りに都内2箇所に行ってきた。

まずはココにあるとは思ってなかった(^_^;)、アキバのASCIIフェア。何気にWDの4TB HDDとかintelのミニPCとかいろいろ話題の新製品が展示されてて面白いイベントだった。


他の新機種に紛れてそっと展示されてた!うおー!初めて触るぜ!
意外に薄い。何より幅が広くない!作りがしっかりしてる。やっぱHTCはいいなあ。


Androidバージョンは「保護済み」(^_^;) もちろん4.1のはず。


LTEでネットはできたけどQuadrantの結果はエラーで見られず。詳細情報はこちら。メモリ2GBはいいね。

その後原宿のKDDI デザイニングスタジオに移動。

KDDI デザイニングスタジオ - http://www.kds.kddi.com/


日曜の竹下通りには人がギュウギュウに詰まってたので避けて裏道で向かった。


今日はメーカー直伝セミナーを予約したので、セミナー中に実機を貸与してもらえた! でも残念ながらSIM無しなので通信はできず。
今日のセミナーに集まった客層は、なんとゆーか俺みたいなのばかりに見えたw 時間になるとメーカーの担当者さんがプレゼンをしてくれた。


インカメラがどうとか連写がどうとか防水がどうとか一生懸命語っておられたが、正直ヌルい内容であまり興味が持てなかった(^-^;) 予想通りというか終了後の質問コーナーでは担当者もタジタジの超マニアック質問ばかり飛び出して、聞いてる方としては楽しかった。担当者の方はご苦労様でした。


Senseはモッサリで嫌いだったんだけど、この端末はかなーりサクサク!JBのせいかSense新バージョンのおかげかどっちだろう。むしろSoCか。


解像度が高いので液晶がものすごくキレイ。伝わるかな?


 GALAXY SIII(SC-06D)との比較。横幅はなんと同一!縦だけ少し長い。これでフルHDなんだから笑える。



ホワイトとレッドは光沢塗装。ブラックのみ素材そのまま非光沢なので異質な印象。


側面にはボリュームキーがある。メッシュは単なるデザイン。スピーカーは背面下部のメッシュ裏にある。スピーカー上部に充電クレードル用の端子があるが、クレードルの発売は未定とのこと。


上面にはイヤホンジャック、電源ボタン、SIMとmicroSDHCスロット。SIMは金属製アダプタでmicroSIMを装着するタイプ、かな?
外部ストレージはmicroSDHC 32GBまでの対応ということで、質問コーナーで担当者に「アップデートでSDXCに対応する予定は?」と聞いたところ「予定はありません」との回答。
内蔵の音楽ファイルを聞いてみたところものすごい高音質!パンチのあるサウンド。これは良い!


防水仕様ということでmicroUSB端子もカバー付き。毎日これを外して充電するのは気が進まない。

これまでHTC端末を2台使ってきている俺(HTC大好き!)から見たこの端末の印象まとめは以下。

<良いと思った点>
SoCがAPQ8064 (1.5GHz)クアッドコア
日本初のフルHD端末
音質がものすごく良い
意外にスリムな筐体
HTCなのに日本仕様全部入り
Android4.1

<残念だと思った点>
内蔵ストレージが16GBしかない
外部メモリがmicroSDXCに非対応
きっと高い(8万円コースか)
microUSB端子がカバー付き
バッテリーが交換できない
クセっぽいカラーリング(黒モデルの赤い部分とか要らない)

俺としてはストレージ容量が最大のネックだと思った。現在GALAXY SIII(SC-06D)で内蔵+外部で96GB運用なので、それがHTC J butterfly(HTL21)だと同48GBに半減するのは痛い。せっかくだからフルHD動画をたくさん入れたいのに!
あとはau端末はSIMを挿し替えるだけでは使えないらしいので、ROM焼きの時のバックアップ端末が用意できないのでリスクが高い。ついでに言うとHTC Sensationでは再起動できなくてさんざんバッテリー抜いて再起動していたので、バッテリー交換不可仕様もリスクが高い(^-^;) まあどんな状況でも電源長押し再起動は無効にならないと信じたい。
その他は概ね満足。現在検討中。

【追記】2012/12/06
公式情報ではないが価格が発表された。本体価格は78,120円で予想よりは多少安かったが、毎月割が1,890円/月で24カ月で45,360円しかないので、実質負担金額は32,760円(1,365円/月)となるらしい。ドコモのGALAXY SIII(SC-06D)が本体3万円強(ヨドバシ3万円引、カムバック割1万円)で月々サポートが24ヶ月で8万円あることを考えると、HTC J butterfly(HTL21)の方が約8万円高いということになる。これは正直驚きだ(^-^;) せめてHTC J butterfly(HTL21)にも販売店側で3万円くらいの割引がないと買う気が起きないぞ。

2 件のコメント:

  1. 詳しく、説明して頂き、本当に、どうもありがとうございました。
    写真を見たら、赤に変更しようと思っています。
    本当に待ちけれないです、htc最高♪☆^_^

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます(^o^)/
      いよいよ発売が迫って来ましたね!久しぶりに「スペックのhtc」という感じの端末でファンとしては嬉しい限りです。他キャリアにも広がっていけばなあ。

      削除