ラベル

2015年4月29日水曜日

湯華の郷

2015/04/29 湯華の郷(ゆげのさと)に行ってきた。


天然温泉 湯元 湯華の郷[ゆげのさと] - http://yugenosato.com/

湯華の郷は岐阜県揖斐郡池田町にある日帰り温泉施設。ここは隣にある弓削(ゆげ)寺という寺がやってる施設だから湯華の郷って名前なんだろうな。きっと。
食事処では精進料理っぽいちょっと高級なものが食べられるみたい。入浴とセットでの割引もある。



周辺の景色はこんな感じ。揖斐茶の茶畑が広がる美しい斜面に湯華の郷はあった。まさに日本の残したい風景百選といったところかw

入浴料800円を支払い中へ。浴室までは階段を40段ほど登る必要があるが、足の不自由な人は浴室の入り口まで車で行かせてくれる。浴室も手すりや高椅子などバリアフリーに気を使っていることが伺えた。



予想通り露天風呂からの景色は素晴らしかった(^o^)/
ちなみに右の浴槽は非加熱の源泉掛け流し。32℃だが最高に気持ちよかった。その他の浴槽は加温循環濾過消毒ありとのこと。
内湯は小さい浴槽ひとつなので割りと小さい施設だ。洗い場にはシャワーや石鹸類も完備。まだまだ新しくてきれいな施設だった。

泉質はホームページにも細かく表示されているが、ナトリウム - 炭酸水素塩温泉で32.1℃、湧出量180L/分、pH8.3とのこと。ヌルスベ感のあるタイプ。塩味は無いが源泉は硫化水素臭と金気味を感じた。

まとめ。いわゆる絶景の湯に分類される温泉。天気の良い日に訪れたい(^O^)

2015年4月26日日曜日

温泉Cafe 湖畔遊

2015/04/25 温泉Cafe 湖畔遊に行ってきた。



温泉Cafe「湖畔遊」トップページ | 高知県 香美市 物部 | 源泉かけ流し温泉と自然派レストランの店 - http://kohanyu.jp/

湖畔遊は高知県香美市にある日帰り温泉施設。ちょっと室戸岬に行きたくなったので途中でここに立ち寄った。
湖というのは物部川の杉田ダムのダム湖のことで、湖畔遊はそのほとりに建っていた。



着いてみるとめっちゃ新しくてオサレなレストラン付きの温泉だった!ペットを連れた年齢層の高いご夫婦などがたくさん訪れており、俺としてはアウェイ感が漂った(^-^;) なお開業4年とのこと。

利用料は土休日850円、平日750円。この綺麗さなら納得の価格である。鍵のデポジットとして別に100円取られるがこれは返却時に戻ってくる。



温泉は少し離れたところに入口がある。その他にも休憩所などの建物が配置されていてよく考えられた施設だと感心した。
脱衣所も綺麗。ロッカーに下足を入れられるようになっているのが珍しかった。



駐車場に車が沢山停まっているから風呂も混んでいるかとおもいきや、貸し切りひゃっほい!どうやら食事のみで利用する人が多いみたい。
湖畔の景色を堪能できるよう考えられた建築が快適な温泉だ。木々の間から見えるダム湖が美しい。良いところに建てたな。
にごり湯と謳っているものの湯は若干緑色に見えるだけでほぼ澄んでいた。これは俺が行ったのが開店直後だったこともあるだろう。入れ替えた湯が時間が経つに連れて濁っていくことは十分考えられる。
泉質はナトリウム-塩化物冷鉱泉で24.5℃。舐めてみると少し塩辛くえぐ味もある。pH7.9で若干のヌルスベ感がある。源泉掛け流しらしいのでおそらく加温のみ。


もちろん内湯にはシャワーや石鹸類も完備。手すりもあるし椅子もいろんな高さがあって万人にやさしい作りかと。



ちなみに露天風呂かと思って外の浴槽に行ったら、こちらはまさかの水風呂(^-^;) まあ普通の水風呂の温度(14℃くらい)だったから入ったけどサウナがあるわけじゃないし、なんで水風呂が要るのかちょっと意味不明。夏には気持ちいいだろうけど。
これが24℃の非加熱源泉だったら最高だと思うけどなあ。

食事はしなかったけど美味しそうだった。おみやげも充実していたので俺は食パンを買って帰ったらめちゃうまだった(^o^)/

まとめ。とてもオシャレな日帰り温泉施設。旅行者というよりは地元の方向けかな。

2015年4月18日土曜日

Nexus5が壊れたのでLG電子に修理に出してみた

2015/04/18 Nexus5が壊れたのでLG電子に修理に出してみた


Nexus5のWifiとBluetoothが使えなくなったのと、前々からSIMスロットのところが割れていたのでLG電子に修理に出すことにした。

2015/04/13
まずGoogleのサポートに電話したところ「ファクトリーリセットまでやったなら故障。保証期間が切れてるので修理を希望するならLGのサポートに電話して修理して。これまでNexus5で同様の事例の報告はない。」とのこと。

2015/04/14
LGのサポートに電話したところ、有償修理希望なら端末を症状と連絡先を書いた紙と一緒に送ってくれとのこと。修理してもしなくても見積もり料3,000円は必ずかかり、返送料も負担する必要があるらしい。見積もり料高いなあ。

2015/04/15
Nexus5を工場出荷時の状態にして、念のためブートローダーリロックしてLGに発送した。ふう。
バックアップ端末として最近入手したドコモのP-07DにIIJmioのSIMを挿して使用。AndroidがICSなので古いけど、LTE通信や音声通話など普通に使えるので問題無い。というかバッテリーがNexus5の2倍くらいもつねこれ(^-^;)

2015/04/17
LGから修理見積もりが届いた。以下メール抜粋。
-----------------------------------------------------
NEXUS5修理ご依頼品を受領いたしましたので、
修理お見積金額のご連絡をさせていただきます。
※フロントケースを修理しないというご選択の場合、例えば隙間より埃や水分が入る等して
機能に影響をもたらす可能性もあることをご理解いただけますでしょうか。

 【 ①金額 】基板+フロントケース
 合計  51,127円 (税込)
 【 ②金額 】基板のみ
 合計  32,767円 (税込)
 【 ③金額 】フロントケースのみ
 合計  25,207円 (税込)

 【修理キャンセル時診断料金額】
 合計  3,607円 (税込)
-----------------------------------------------------

修理代金51,127円かよww たけEEEEEEEEEEEEEEEEEE!
暗にフロントケースを交換しないとまた壊れるよと脅しをかけて親切に案内してきてるしw てか割れたまま放置してたから壊れたのかなあ(^-^;)
なおNexus5の購入価格は44,800円である。

てことで3,607円払ってキャンセル。というか返品請求しないことを検討したまである(^-^;)
日本企業なら修理見積は無料のような気もするけど、まあ有償修理の診断に3,000円かかるのは労働への対価として正常のような気もする。でもそれなら電話した時におおよその見積金額を教えてくれればいいのにと思った。

まとめ。Nexus5は修理代金がとても高いので、保証がない状態で壊れたら素直に買い替えましょう。

【追記】
あと今回は以下の修理会社でも見積もりを取った。
滋賀県のスマートフォン修理 スマートまっくす | 全国対応・送料往復無料 - http://www.smart-max.jp/
ここの場合は基板交換は工賃8,800円でやってくれるそうだが、基板は在庫がないので自分で準備してくれとのこと(^-^;) そこまでの元気はないので今回はパスした。

2015年4月2日木曜日

待ちに待ったLogicoolの無線マウス MX Masterを使ってみた

2015/04/02 待ちに待ったLogicoolの無線マウス MX Masterを使ってみた!


MX Masterワイヤレス マウス - 充電式 - パフォーマンス - ロジクール - http://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/mx-master?crid=7

プレミア価格で有名なMX Ravolutionが好き過ぎてスイッチの修理までして使い続けていた俺。満を持してLogicoolからMXシリーズの後継機が発売されるということで、発表当日にヨドバシで予約して購入した。13,910円(税込)の10%還元(←高い)。本日手元に届いたのでその感想。



キター(^o^)/ パッケージはよくある店頭で開けて中を見られるタイプ。



付属品はこんだけ。MicroUSBケーブルが付いているところが今どき。



なんか直線的なブツブツの意匠。あんまり好きじゃない。ちなみに親指を置くところにも下に押すボタンが有る。あと暗いゴールドっぽいカラーも好みじゃない。グレーやブラック基調でいいと思う。でもロジクールのゲーミングマウスのような変な縞模様のプリントが無かったのでひと安心。
右画像のようにボタンはなんとなく縦長。手の大きい方の俺でもボタンは大きすぎる気がする。でも手前の方でも普通にクリックできるので問題はない。
最高級マウスなので質感はとても高い。クリックするにせよホイールを回すにせよ、まるでメルセデスベンツで加速するときのような高級感を味わえる。その点はとても良い。
戻る進むボタンが上下配置になった。これは今のところ押し分けにくい。慣れかもしれんが今のところ両方押しちゃわないように気を使ってしまう。
ホイールにはクリッカブル↔フリースピンの自動切替機能が搭載されており、素早く回すと自動的にフリースピンモードにシフトするところが最高に便利。俺はMX Masterにこの機能があったから、高くても購入したと言って良い。
しかし、ホイールにチルト機能は無いので多用する人は注意。このマウスは親指のところにあるホイールがチルト機能(左右スクロール)を代替することになっている。俺はあんまり使ってなかったのでさほどのダメージは感じない。



裏面にはBluetoothマークと2.4GHz無線マークが。なんと両対応なのだ!
あと俺は使ってないけど3つのアダプタを切り替えて使える機能もある。切り替えボタンを押すと数字が白色LEDで光るがそんな機能は要らないので1,000円安くしてほしい。



電池が持たなくて専用充電台で充電するしか無かったMX Revolution使いからすると、充電しながらマウスが使えるのは超便利!感動してしまった。しかし最初から充電が空だったのはいかがなものか。デフォで7割位は充電されてるだろうと思っていた俺は動かなくて戸惑った(^-^;)



機能割り当てソフトも新しいものに変わっていた。従来のSetPointより設定しやすいと思う。
右画像のようにジェスチャー機能はかなり細かく設定できる。
俺的設定を書くことは特にしないが、すべてのボタンにキーストロークの割り当てまで自由度の高い設定が可能だ。

まとめ。ホイールの自動切替機能が至高!ただし最高のマウスのひとつだが、最高額のマウスのひとつでもある。ファンじゃない人が14,000円近い金額を出して買う価値があるかは微妙かと(^-^;)