ラベル

2015年3月15日日曜日

北欧旅行 その4 ストックホルム発オスロ行き特急列車

2015/03/14 北欧旅行 その4 ストックホルム発オスロ行き特急列車に乗ってみた。


今回の旅行にも鉄道による長距離移動を盛り込んだ(^_^)ノ
スウェーデンの首都ストックホルムからノルウェーの首都オスロまでの国際特急列車である。国際列車とはいえ両国はシェンゲン協定加盟国なので入国検査はおろかパスポートのチェックも無かった。気楽である。



チケットは日本で買っていった。ただ、スウェーデン国鉄のサイトでエラーが出てどうしても購入できなかったので、今回は国内の代理店に発券を依頼した。物価高の北欧だが鉄道運賃は日本より安い。1等車でも6,000円程度だった。



ストックホルム中央駅はこんな感じ。豪華ではないもののドーム型で歴史を感じさせる作りだ。



乗車する列車番号51列車はストックホルム中央駅の10番線からの出発。例によって改札はないのでそのまま乗り込むだけ。



発車10分前になって客車列車が入線してきた。日本では絶滅寸前の客車列車が当たり前のように走っているのがヨーロッパの良いところ(o^^o)


機関車はこんな電気機関車1両。客車は1等1両、2等4両のたったの5両だった。シーズンオフだからかな?ちなみにオスロ直行列車は1日2往復しかない。



一生懸命車両の写真を撮っていたのは俺だけだった(^_^;) ホクホクしながら撮影してたらこの運転士さんにあいさつされちゃったよw



1等車は先頭。紺色の渋い車体色がカッコイい。なお2等車はいろんな色だった(^_^;)



内部はこんな感じ。俺の27番は・・・進行方向反対向き(>_<) まあこれは海外では仕方ない。各都市の中央駅が阪急梅田駅のように行き止まりなのが普通だから何度も進行方向が入れ替わることがある。TGVだって半分は逆向きだ。
ただこの列車は途中で方向転換は無かったorz この車両は一人用座席はほとんどがストックホルム方向を向いていたので今後乗る人は参考に。やっぱヨーロッパの人は座席が反対向きでも気にしないんだと思う(^^;)



あまり座席の配置パターンは理解できなかったが、こんな感じの向かい合った席もあった。



一部に囲われてたのは喫煙席かな?

0806定刻通り列車は滑るようにストックホルム中央駅をあとにした。そう本当に滑るように。昔乗った日本のブルートレインは発進や停車時にかなりガタガタした記憶があるが、これはとても乗り心地がよい。
10分もすると景色は田園風景に変わった。それもそのはず。ストックホルムは大都会のようだが人口は60万人程度。都市圏は広くない。

車内に目を向けてみよう。



まずシート。今回は一人掛けの席にした。さすがに大きくて快適。座り心地はふっかふか!



右の肘掛けに証明スイッチと何やらオーディオスイッチ。多分現在無効。その下には電源コンセントがあった。



左の肘掛けにリクライニングレバー。あと窓側の壁がヒーター内蔵でじわじわと暖かかった。あとエチケット袋がたくさん。



前の座席の網に車内誌。壁側にコートフック。机もある。机の枠は木製!足下には足のせもあった。リクライニングは深くないが足を十分伸ばせるスペースがあるので楽だった。

ただ窓が凄く汚れていたのは残念だった。まあ北欧で見た車はどれも信じられないくらい汚れていたが(^^;)



 上を見れば大きな荷物棚と夏季のエアコン吹き出し口と照明。



トイレはこんな感じ。手洗いの水はボタンを押すとこんな感じにピューっと出たwおもろい。

総評としてはさすが欧州の1等車。マレーシアの1等車(笑)とは違い快適そのものである。

しばらくすると車内改札があった。俺のような紙の乗車券だけでなく、スマホの画面を見せている人もいた。ススンデルー!どうやら1等車の乗客は4号車で切符を見せるとコーヒーか紅茶がタダで飲めるらしい。
社内放送はおそらくスウェーデン語とノルウェー語と英語。

うーん。しかし妙に遠心力を感じるな。カントが浅いのか、速度が速いのか机に置いた物がずれていくくらいの感じだった。



スウェーデン/ノルウェーの国境通過は正午くらい。白樺の林の中だった。特に何かあるわけではなく、「Welcome to Norway!」という車内放送とGoogleマップでしかそのことはわからなかった。わかっちゃいたけど味気ない(^^;) 一旦停止くらいして欲しいものだw



国境をまたいだからといって景色は変わらない。春の溶けかけの湖と、残雪のある林や牧草地が延々と続いていた。
それでも日本には国境が無いので俺は地上で国境を通過するたびにロマンを感じてしまう。樺太に国境があった時代はどんなだっただろうか。

オスロまでは進行方向右側に雄大なグロンマ川を見ながら走る区間が多くて気持ちが良かった(o^^o)

その後、交換列車遅延のため数分遅れ始めたが、


オスロの手前には長大なトンネルがあり快調に飛ばして約10分遅れでオスロ中央駅に到着した。

まとめ。景色はやや単調だがロマンあふれる国際路線だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿