ラベル

2014年11月23日日曜日

ソフトバンクのXperia Z3(401SO)を触ってみた

2014/11/22 SoftBankのXperia Z3(401SO)を触ってみた。

俺は以前、この記事にあるようにXperia Z1の購入をかなり真剣に検討したことがある。
今回、知人からソフトバンクモバイル(以下SBM)のXperia Z3を借りることができたのでその感想。


Xperia™ Z3 | ソニーモバイルコミュニケーションズ - http://www.sonymobile.co.jp/xperia/softbank/z3/

Xperia™ Z3 | 製品を一覧からさがす | 製品情報 | モバイル | ソフトバンク - http://www.softbank.jp/mobile/products/list/xperia-z3/



Zシリーズのデザインはオムニバランスデザインというらしい。両面ガラスでできておりiPhone4っぽくてかっこいい。でも周囲がラウンドしたデザインになったのは俺としては好きじゃない。角ばったほうが良い。
フレームはアルミで四隅はプラスチックぽい。相変わらず質感の高い筐体だ。
液晶もなかなかの狭額縁かな。
SBMからXperiaが発売されるのはこれが初めて。しかしどこにもSBMのロゴがない!ドコモのZ3もauのZ3も本体にロゴがあるというのに!これは何気に画期的なことでは無いだろうか。逆に言えばSIMフリー版と見分けがつかないのかな?(^-^;) なお電源投入直後には画面にSoftBankロゴが表示されるw



名物の電源ボタンは右側やや上。これは慣れてないので押しにくかった。そかも押し心地がむにゅって感じで良くない。SIMスロットとMicroSDスロットもこっち。



SIMはナノSIMだった。



Xperia端子というかマグネット端子は左側。MicroUSB端子は防水仕様のためカバー付きなので日常的にはマグネット端子を使うべきだろう。



 わしのnexus5と比較。Z3の方が縦に1cm大きい感じ。横幅は3mm程度しか大きくない。握った感じもあんまり変わらない。



差を感じるのは厚み。そこがZ3の最大の特徴であるわけだが薄い。それだけでもこの端末を持つ価値はあると思う。

では中身について。



気づいたところでは、起動中のアプリ一覧や通知一覧の画面には全て消去のボタンがあって便利そう。このへんはメーカーROMの優れている点ですな。
クイック設定パネルにはなにやら見慣れぬ項目が。手ぶくろ?まあおいおい(^-^;)



Androidバージョンは4.4.4。そのうち5.0にはなるだろう。



最近Android版のCPU-Zがリリースされたので嬉しい。
CPUはQualcomm MSM 8974PRO-AC、画面解像度はフルHDとわかった。

さて注目のベンチマーク結果一覧。いずれもいつもの一回計測w





AnTuTu Benchmark v5.3 : 40,051
Quadrant : 21,769
PassMark PerformansTest : 4,251
PC MARK : 3,886
3D MARK : 17,406

<参考:Nexus5>
AnTuTu Benchmark v5.3 : 37,759
Quadrant : 12,405
PassMark PerformansTest : 3,767
PC MARK : 4,200
3D MARK : 17,625

やっぱ最速レベルの機種ですな(^o^)/
あーカスロムとカスタムカーネル入れたいなー(^-^;)

まとめ。薄さと本体にロゴが無いところが好印象の端末。

今後またなにか気づいたことがあれば追記していきます。

0 件のコメント:

コメントを投稿