ラベル

2012年4月16日月曜日

新東名は運転が疲れない新時代道路だった!

2012/04/15 新東名上り線を全線走ってきた

何年も前から東名を通るたびに建設の状況を気にかけてきた。また静岡県内では建設現場を間近に見ることができた。そんな新東名がついに完成する。長年東名を利用してきている俺にとって非常にセンセーショナルな出来事だ。しかも162km一気に開通とは!心が踊った。これは走りに行かねば!というわけで帰省のついでというか新東名のついでに帰省したというか(^-^;)岐阜の実家からの帰りに昨日開通した新東名を通ってみた。


懐かしの豊橋TBの跡地を通過してしばらくすると三ヶ日JCTが現れた。ついにここから連絡路を経由して新東名に向かう。連絡路からして真新しい。三遠南信自動車道へのアクセス路も兼ねる連絡路からぐるっと左に270度回転して新東名上り線に入った。現在は東京方面しか無いにもかかわらず一旦西側に分岐することになるので若干紛らわしい。


新東名に入ると感想は素晴らしいの一言。東名なんかよりははるかに走りやすい。数十年経てば建設される道路のクオリティも向上するものなんだなあ。
まず路面舗装が真新しいのでロードノイズは最小限だ。排水性の良い舗装はややノイジーだったりするがここの舗装はそれよりもきめが細かく静かな感じがした。ただし橋梁が連続するので継ぎ目が目立った。しかし東名の継ぎ接ぎだらけの路面状況とは比較するまでもなく快適だ。
また、曲線半径が大きいので走りやすい。ほとんどハンドルを切る必要がない。首都高湾岸線の直線区間を162km走るような感覚だ。
そして3車線の部分が思いの外長い。暫定2車線での開通だが、IC、SA、PA、JCT前後など3車線の区間は多い。2車線の区間も3車線分の幅はあり既に舗装も完了している。トンネルも全て3車線の断面だ。なんで2車線での開業なんだろう?その分車線減少も多くてやや危険になるだけの気もするが。もし全線3車線になった暁には最高速度は140km/hはいろいろ問題が多そうだけどせめて120km/hにして欲しい。
新東名はインターが少ないので走りやすい。思い出したように3車線になってインターが現れる感じ。むしろSAPAが多い気がする。ちなみに本日はSAは全部満車。数キロ手前から路肩に入場待ちの車列ができており急に列に並ぼうとする車がいたりして危険だった。渋滞情報が出ていたが実際には全てこの待機列のことで本線は順調そのものだった。ちなみにPAも混んでおり本線上までは列んでいないものの駐車場手前で車列ができていた。そんなわけで話題のSAPAには一切立ち寄っていないのでそのへんはまたの機会に(^-^;)
あとトンネルが明るい。LEDなのかな?前方の車両が明るく見える照明になっているとのことで、確かにその効果が感じられた。ライトを点けなくても何ら問題なく走行できるが、前後の車からの視認性向上ためライトは点灯すべきだろう。そういえば長大と感じるほどのトンネルがなかったのは意外だった。新東名は静岡の山奥を横断するので、もっと延々と続くトンネルがあるのかと思っていたが。俺の想像よりは山は深くなく小さい尾根を貫通していく感じだったようだ。逆に海はほとんど見えない。沼津付近で少し見えるくらいだったと思う。そのぶん新東名は災害には強い道路のはずだ。東名は由比付近ですぐ高波で通行止めになるので津波なんかが来た日にはすぐダメになってしまうだろう。日本の大動脈がそれではだめだ。そういう意味でも新東名建設の意義は大きいと思う。

新清水IC付近では富士山の眺望が素晴らしい。思わず動画を撮ったのでここに掲載しておく。


1分間くらい正面に富士山が見える。ここが新東名上り線の一番のビューポイントだと思った。雲がなければもっと素晴らしい眺めになることだろう。
東名でもいろいろなところで富士山を見るのが楽しみであったが、新東名下り線ではどのように見えるのか楽しみである。

今日は明らかに新東名を走りに来た車が多く交通量もそれなりにあったこともあり走行速度は追い越し車線でも遅かった。それでもあっという間に御殿場JCTまで来てしまった。曲線も勾配も緩やかで、なおかつ道路が広くて気を使わないので運転自体が非常に楽なのでそう感じたのかもしれない。逆に慣れたら退屈になって強い眠気に襲われそうだな(^-^;)東名に合流直後の御殿場ICはものすごい渋滞。4kmは待機列ができてた。これはここで引き返す人たちだろう。つまりそれだけ新東名を走りに来ただけの人達が多いということだ。道路ファン多いな!wしかし東名はカーブがきつい。大井松田IC手前の下り坂の急カーブは新東名を通過してきたばかりのドライバーには危険すぎるかも。カーブでGを感じるぜ!それくらい新東名ではGを感じない。ここでそういうドライバーの事故が起きないことを祈る。

というわけで新東名は最高に高規格な道路で快適だった。静岡を通過する場合は確実に新東名の方が楽である。今後の帰省時は当分こちらを利用することになるだろう。

新東名高速道路のご案内【NEXCO 中日本】 : http://www.c-nexco.co.jp/shintomei/

0 件のコメント:

コメントを投稿