ラベル

2015年6月1日月曜日

Xperia Z3 Compact(SO-02G)をROOT化してみた

2015/05/31 Xperia Z3 Compact(SO-02G)(最新ビルド23.0.B.1.59)をROOT化してみた。もちろんカスタムリカバリ化も。

今回の端末はSONY製。初めていじるメーカーには幾分慎重になるべきだとは思ったが、結局購入当日にROOT化にとりかかってしまった。どうしても我慢できなかったのだw まあ、古い端末なので情報が豊富なのと、セットアップする前にROOT化したほうが何かと楽だからというのがその理由。

んで、結論から先に言うと、



ROOT権取れました(^o^)/



TWRPも使えるようになりました(^o^)/


ROOT化、カスタムリカバリ化の作業は基本的には以下のページ通り。詳しい解説に感謝!

Xperia Z3 Compact SO-02Gのroot化まとめ | エンジニアの休日 - http://xins.club/lab/so-02g-rooted/

このページの通り行かないかもしれないポイント
1. ソフトウェア更新で最新ビルド23.0.B.1.59 にする。
2. FlashtoolでドライバをインストールするときにWindows8.1だとテストモードでインストールする必要がある。
Windows8/8.1で署名なしドライバをインストールする方法/テストモードにする方法 - http://freesoft.tvbok.com/win8/testmode.html
3. ページ内に入手先の説明のないZ3C-lockeddualrecovery2.8.0-RELEASE.installer.zipは以下で入手できた。
-=- [NUT]'s XDADevelopers downloads -=- - http://nut.xperia-files.com/
(一番右のXZDualRecoveryから入って最新バージョンをダウンロードすればおk)
4. FlashtoolでFlashするとき、ftfファイル選択時にダブルクリックするとすぐにFlashが始まってしまうので注意。

俺は4のところでミスってグローバル版のROMをまるっと焼いてしまい、そのまま進めていったら起動時にSONYロゴから進まなくなってしまった。まあFlashtoolという素晴らしいソフトがあるから、何とか復帰できたけど、購入初日から文鎮化したかと思ったわ(^-^;)
ちなみにZ3CのFlash(ダウンロード)モードへの入り方は、ボリュームダウンボタンを押しながらUSBを接続する、である。あと、バグって電源が切れなくなった時の電源の切り方は、ボリュームアップと電源ボタンを同時に3秒押す、である。さらに、リカバリへの入り方は起動時のSONYロゴ表示中にボリュームダウンを連打、である。
だいぶXperiaのいじり方がわかった気がした。Nexus5の簡単さに慣れていた俺には良い薬になった。

まとめ。SO-02GのROOT化はNexus5の20倍くらい難しい(^-^;)


【追記2015/06/06】


「ソフトウェアが改造されているため、バージョンアップできません。」
ま、そのとおりですな。もうすぐと思われるAndroid5.0アップデートのときはftfを焼かないとですな。

0 件のコメント:

コメントを投稿