ラベル

2012年7月30日月曜日

4TBのHDD、HGST DESKSTAR 0S03357を使ってみた

4TBのハードディスクドライブ(以下HDD)、HGST DESKSTAR 0S03357を使ってみた。

登場してからかなりの時間が経ったが、タイ洪水の影響があり、また競合他社のHDDが出ないことから価格が高止まりしている旧日立の4TB HDD。現状普通に買えるのはこのモデルのみ。正直なところもっと安くなってから買おうと思ってたんだけど、いい加減既存の2TB HDD数台が満タン状態になってきてしまったので仕方なく購入した。俺としては3TBを買うという選択肢はなかった。だって中途半端じゃんw
ソフマップ秋葉原本店で22,470円で購入。ちなみに俺、ソフマップファンw 中古商品が好きな方なので。でもHDDは中古を買っちゃダメ。


ちゃんとした箱に入ってるw このところバルクしか買ってなかったので新鮮。でもパッケージの日本語はなんとなく怪しいw
64MBキャッシュか。デカイなあ。当然のようにSATA3対応。SATA3もDDR3も俺には関係ありませーん。当方未だP35世代マザボ使用中。


持った感じかなりずっしり。ん~この重さはプラッタ数は6枚かな?1TBプラッタはまだ希少な気がするし、800GBプラッタは聞いたこと無いし、666GBプラッタ6枚かなーと。6枚ってあったっけ?(^_^;)調べろって?調べたら800GB×5枚でした。

ここで3TB以上のHDD特有の注意点だが、最初にコンピューターの管理で認識した時に出るダイアログでGPT(GUIDパーティションテーブル)を選択する必要がある。デフォでMBR(マスターブートレコード)が選択されているので注意。こっちを選んだ俺は2TBになっちゃって焦った。まあ一旦フォーマットしてパーティション削除してGPTにすれば元に戻せるんだけどね。もちろん3TB以上を認識できるOSを使用している前提。Windows7 64bitなら大丈夫。XPとかでもソフトをHGSTのサイトからDLして入れれば使えるみたい。


このように3.63TB使用することができる。4TB HDDの世界は広大だわ(少佐)


速度計測(ベンチマーク)の結果はご覧のとおり。最近のHDDは速いなあ。一昔前のSSDに匹敵する。速度的にも800GBプラッタの7200rpmって感じですな。

あとは寿命が長いことを心から祈る。俺はHDDはデータ保管場所として使用しているのでアクセス速度が遅かろうが、寿命が長いことが重要。あと価格もね。さすがにサーバー向け高級モデルとかは買えない。
経験上、HDDの寿命は単純に当たり外れだと思う。外れだとすぐ壊れる。このへんもう少し安定して欲しいところ。

0 件のコメント:

コメントを投稿