ラベル

2021年3月7日日曜日

おんたけ2240スキー場

2021/02/21 おんたけ2240スキー場に行ってきた。


Ontake2240/おんたけ2240スキー場:天空のマルチリゾート
20年ぶりくらいにおんたけスキー場に来てみたら、名前が変わっただけでなく、紆余曲折あったみたいでかつての上部ゲレンデだけの小さいスキー場になっていた。
このエリアはチャオ御岳や御岳ロープウェイスキー場などがあったがことごとく潰れている。標高が高くゴールデンウィークまで営業できる日本では稀有なエリアだが、アクセスが悪いので競争に負けてしまうのだろう。

この日は早朝に到着したのでセンターハウス前に駐車できた。駐車場は全日無料。



センターハウスは一応現代的なもの。隣には入浴施設もあった。
この日はOntake2240の日ということで一日券が2,240円で購入できた(^o^)/それで来ましたw



変に下部ゲレンデを切り捨ててしまったので、下からペアに乗って、上部のクワッド2本にアクセスする構成になっている。悲しすぎる(T-T)



最上部は標高2,000mを超える。強風に対応するためフード付きなのは嬉しいが、コロナ的には厳しい(^-^;) 知らない人との同乗は遠慮したいところ。



最上部はこんな感じ。木曽山脈の素晴らしい光景が望めた(^o^)/



また、パノラマコースからはこのように御岳を間近に見ることができた。大迫力!
絶景スキー場と言っていいだろう(^^)



本当の最上部には廃止されたゴンドラでしか行くことができない。これも悲しい。
標高が高く気温が低いため、暖かかったこの日も山頂部は氷点下であっただろう。



キャンペーンの日曜日ということで混んできた。感染症が怖いので早々に退散することにした。
なおコースは中斜面や緩斜面が主体で、広い圧雪コースが美しいが、非圧雪や急斜面はないのでつまらなかった。



こんな立派なゴンドラが次々と廃棄されていくスキー業界。昔はゴンドラのあるスキー場に感動し尊敬したものだが。なんとかならんものか。



帰りの県道からは放棄された昔のゲレンデが垣間見えた。昔は標高差1,000mに迫るビッグゲレンデだった記憶。夢のあとですな。

まとめ。かつての栄光はどこへやら。今はリフト3本の小さなスキー場。2,240円なら行っても良いかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿