ラベル

2019年2月18日月曜日

ホワイトピアたかす + 鷲ヶ岳スキー場

2019/02/18 ホワイトピアたかす + 鷲ヶ岳スキー場に行ってきた。


|岐阜県奥美濃のスキー場 - http://www.whitepia.jp/

たまの平日休みにスキーに行くことにした。ホワイトピアたかすはこのブログを始める前、今から10年くらい前に来たような気がする。



月曜日なので道路はガラガラ。岐阜市内の自宅から高速経由で70分程で到着した。
7時半時点では駐車場もガラガラでセンターハウス前に停められた(^^)
もちろんBRZで来たがアクセス路に雪はまったく無くなんの問題もなかった。というか少しでも降雪してそうならBRZの場合スキー中止です(^-^;)



関東で言えば川場みたいな近代的なセンターハウス。ここは日帰りメインスキー場だ。
仮眠室やスーパー銭湯もあるらしい。温泉なら俺も入ってたかも!



リフト券ゲット。割引券併用で鷲ヶ岳スキー場共通一日券が3,500円だった。ICカード保証金500円が別途必要だった。



鷲ヶ岳スキー場と合体して考えると結構広いスキー場になる。ただし標高差は500m程度と小さい。横に広い感じ。



8時にリフトが運行開始してすぐに山頂へ!快晴で氷点下5℃程度と最高のコンディション(^o^)/景色が良い。大日岳に広がる高鷲スノーパークやダイナランドがよく見えた。あと白山も美しい。
ホワイトピアたかすは俺の記憶によればバブル期にできた割と新しいスキー場なのでレイアウトが秀逸。2本の長大高速クワッドで効率良く滑れる。
ただし中斜面くらいがMAXで急斜面と呼べるようなところはない。一部コブ斜面もあるが特に急ではない。まあ俺もトシなのでグルーミングされた中斜面主体なのはありがたい。



鷲ヶ岳へ。連絡は平地を歩いたりすることも無く非常にスムーズ。



老舗の鷲ヶ岳スキー場はこんな感じ。どちらも西向きの斜面なので午前中は日陰になりがちで斜面の凹凸が見づらい。その分午前中は景色がいいのとコンディションが保たれやすいと思う。

鷲ヶ岳も今はクワッドリフトが主体で効率的に滑ることができる。ただしホワイトピアたかす以上に緩斜面主体。正直物足りなさが残る。
ちなみに鷲ヶ岳スキー場の方がインターから5分以上近いが、なぜか食事なし共通券の割引が見当たらなかったので今回はホワイトピアたかすに行った経緯がある。セコい。

ハイシーズンだが月曜日の午前中はどちらのスキー場もガラガラだった。常にリフト待ち時間無し。昨年の平日の高鷲ダイナより空いてる気がする。経営状態が心配になった(^-^;)
ちなみに帰りに駐車場代1,000円を払おうとしたら「まだ11時前なので払わなくていいです」と言われた。ラッキー!

まとめ。奥美濃エリアの素晴らしくアクセスの良い日帰りスキー場!緩斜面主体でちょっと物足りなかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿