ラベル

2016年12月25日日曜日

Google Pixel用金属ケース AOFad MTA22

2016/12/25 Google Pixel用金属ケース AOFad MTA22を使ってみた。


Amazon | 向 Google Pixel 金属 ケース, [5"] ブルー 貴族 軽量 スリム・薄型 線引き シリーズ [グーグル] AOFad の MTA22 | ケース・カバー 通販
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B01MSUHVLC/ref=oh_aui_detailpage_o06_s00?ie=UTF8&psc=1

これまで透明なソフトケースを使っていたが、なんとなくもっとちゃんとしたケースが欲しくて買ったのがこのケース。深センから1週間ほどで届いた。約1,500円と金属ケースにしては格安かと(^-^;) 色はBRZに合わせてブルーw



背面はこんな感じ。背面パネルはたぶんプラスチック。一応保護フィルム付き。上部にあるのは指紋センサー用の穴として、下部にも謎の穴が。この時点でなんの穴かわかった人は相当なPixelファンw
フレームはアルミ製。四隅にはショック吸収用のラバーがついていた。



ボタン部分もちゃんと青色。
ボタン部分の内側には不織紙が貼られていた。ボタンは軽いタッチで押すことができ今まで使っていたクリアラバーケースよりもはるかに押しやすかった(^o^)



装着するときは背面パネルを外してから本体を取り付け、再度写真のようにスライドさせて取り付ける。精度がよく、カチッリした装着感。



じゃーん!取り付け完了!なんの問題もなく使えた。背面の謎の穴からGマークが透けて見えるぜ!「これはGoogleブランドのPixelなんだぜ!」って主張できるw

アルミなので手に伝わる感触が金属っぽくて高級感がある。その分ラバーケースよりも滑りやすい。四隅のラバーが持つときに滑りにくい支点になって良い感じ。そういう意味もあるのかも。
USB Type-Cの穴は小さめなのでコネクタによっては干渉しやすいかも。俺はそういう場合はコネクタをカッターで削って解決することにしている(^-^;)
金属ケースということで電波が気になるところだが、今のところwifiと4Gの通信に関してはラバーケースと比べて差は感じない。

まとめ。安い割に精度がよく、大変費用対効果の高いケースかと(^^)

0 件のコメント:

コメントを投稿