ラベル

2013年12月8日日曜日

湯泉地温泉 共同浴場 泉湯

 湯泉地温泉 共同浴場 泉湯に行ってきた。

【十津川村観光協会】 湯泉地温泉 - http://totsukawa.info/joho/totsukawa_onsen_gou/

以前から行ってみたかった日本の秘境、奈良県十津川村。紀伊半島のつう凹部に位置し、メインルートの国道168号でさえ一部は未改良で離合不可能な部分が残っていた。その他の道路は言わずもがなであろう。記憶に新しい2011年の大水害の傷跡がそこかしこに残されていた。

十津川村にもいくつかの温泉地があるのは知っていたが紀伊半島にまともな温泉はないと思っていた。しかし予想に反して湯泉地温泉は立派な硫黄泉だった!


共同浴場泉湯はR168から少し路地を入ったところにある。駐車場は2台(^_^;)ギリギリ停められた。
いわゆる温泉地にあるような共同浴場でソープ類は置いていない。
券売機で400円の入浴券を購入して中へ。脱衣所は鍵のないロッカーのみなので貴重品は鍵付きロッカーを利用すべし。


ご覧のように内湯と露天風呂がある立派な施設だ。
湯は源泉かけ流しで泉温は60℃もあり立派のものだ。そして流し込み口ではかなり硫黄の匂いが強い。湯自体は単純硫黄泉ということで特に特徴はない。無償透明ぬめり無しである。ある意味温泉らしい硫黄臭はあるのにスッキリしていて最も気持ちのいい湯と言える。
露天風呂からは川が眺められ、晴天も相まって気持ちが良かった。
シャワーはあるのでソープ類を持ち込めば体を洗うことができる。シャワーから出る湯は源泉だったが単純硫黄泉なのでさほどの不都合はなかった。これが火薬っぽい匂いのする硫黄泉とかだと大変なんだけどね(^_^;)

まとめ。アクセスは日本で最も悪いところだが、湯は高温の単純硫黄泉で気持ちがよい。

0 件のコメント:

コメントを投稿