ラベル

2012年3月24日土曜日

高湯温泉 共同浴場あったか湯

2012/03/24 高湯温泉の共同浴場あったか湯に行ってきた。

どうにも最近、強い温泉力の温泉に入りたくて入りたくて仕方ない。でもそういう温泉はスキー場みたいな雪国にあるものだ。シビックはノーマルタイヤだ。厳しいorz
福島には良い硫黄泉がいくつかあるのでずっと行く機会を伺っていたがここ最近週末には雪になって断念していた。今日は雨だけど気温が高いので雪にはならないはず!ということで決行した。

高速代を節約するためいつも通り常磐道から行った。磐越道から東北道に合流するJCTで渋滞していて1時間ロスした。高湯温泉へ向かう道はそれなりの山道で標高700m付近まで一気に登る。しかし今日は道路には雪がなく、雪解け水が流れて路面がぐしょぐしょになっているだけだった。もちろん周りの山は1mくらいの積雪だった。ともかく問題なく高湯温泉に到着した。温泉街のかなり手前から硫黄の香りが立ち込めて気分が盛り上がった。
最初は安達屋の日帰りに入ろうかと思ったけど、渋滞のせいで最終受付時刻の13時に間に合わなかった。しょうがないので第二案の共同浴場あったか湯へ。


この施設は共同浴場なので250円と利用料はとても安い。しかしよくある温泉街の共同浴場とは違い駐車場や貴重品ロッカー、休憩所などの施設が充実しており非常に快適だった。施設自体も新しく清潔。入り口の階から下に降りたところが露天風呂で、それが唯一の浴槽である。男女別。カランはあるが石鹸類は無い。石鹸類は持っていけば使用可能。


ご覧のように俺の大好きな白濁した湯の花の多い硫黄泉だ(^o^)/
正直あったか湯は最高だった。
温泉は完全にかけ流し、非循環。泉温は51度で少し揉んで最適な温度にしている。
泉質は言うまでもなく最高だし、清潔で浴槽も広く、露天の屋根も半分で景色は福島市方面を見渡すことができる。なおかつ250円。こんなに好条件の揃った日帰り温泉があるだろうか!?俺は他に知らない。ここは俺にとって最高水準の日帰り温泉施設として記憶にとどめることにする。

高湯温泉|福島県福島市 : http://www.naf.co.jp/azumatakayu/attakayu/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿