ラベル

2012年2月26日日曜日

川場スキー場は大盛況

川場スキー場に行ってきた
行くのは3回目。

3時半に横浜を出発。環八はこの時間はガラガラ。1時間で練馬ICに着いた。きっともう1時間遅いとだいぶ混むだろう。赤城高原SAで朝食。
川場スキー場には7時前に着いたので駐車場もガラガラだった。立体駐車場があるので便利。その上部がスキーセンターになっている。完全に日帰りスキーに最適化したスキー場だ。
ここは第三セクターの会社が運営しているのかは知らんが、非常に地域に密着して良いサービスを展開しているスキー場のように思う。沼田ICの近くの道の駅に車を停めてシャトルバスでスキー場まで送迎することで、ノーマルタイヤのスキーヤーも取り込もうとしている。スキーレンタル受付も大盛況であったので手ぶらスキーがここではあたりまえのようだ。駐車場も今日は下の屋外駐車場まで埋まっていたので、そういう意味でも良いサービスだと思った。帰りに寄った道の駅が、空いているのに駐車場は満杯というのもどうかと思う面もあるが。また、コースもクワッド3本にトリプルとペアで非常に考えられたレイアウトになっている。上り坂もなくストレスフリーだ。リフトは全て長大で、足のせが全てのリフトに付いているのが好印象。斜面も変化に富んでおり、非圧雪斜面もあるし、長い中斜面が多くて無意味に長い緩斜面がほぼ皆無なのが良い。(残念ながら初心者にはおすすめできない。初級以上に薦めたい)昔から良いとは思っていたけど、ここは関東最高のスキー場なんじゃないかと思う。

雪が降り続ける気温の低いコンディション。今回はホットワックスをしていったので感触は良好だった。
斜面はアイスバーンになっていることを感じるものの、新雪のお陰で気持ちの良い状態だった。
が、混んでいる。10時前後にはリフトを3分くらい待たなければならないくらい混んできた。最近スキー場がこんなに混んだことがあっただろうか!?いやない。年に数日、週末にスキーに行く俺にとっても、最近ほとんど見ないくらいの大盛況なのだった。コース上にも人がひしめいており、高校の頃行った正月の八方尾根の混雑を彷彿させた。その5分の1くらいは混んでるね。あの頃はリフト待ち20分とか普通だったので。しかし滑るときに前後の人を意識して注意しなければならないなんて何年振りだろうか。

早めの昼食後、適当に滑って無名峰トライアルにさしかかるとなにやら人が集まっていた。行ってみると、なんと里谷多英をはじめとする五輪出場選手数人がデモランをするという!ラッキー!


小さいけどピンクのウエアに白のパンツが里谷多英。長野五輪での金メダルには感動したものだが、果たしてどれほどのものか。氷点下の冷え込みの中多くの観衆と共に固唾を飲んでその時を待った。
11:50。滑り始めると正直度肝を抜かれた!
あんなの人間業じゃない!どれだけ練習したってあの領域に達することができるとは思えない。それくらい速くて正確で美しい滑りであっという間に下まで降りていった。
素直に感動してしまった。何でも生で見ないとイカンね。スポーツは。

群馬でスキーなら川場スキー場へ : http://www.kawaba.co.jp/

0 件のコメント:

コメントを投稿