ラベル

2021年12月13日月曜日

ノルディカのリアエントリー式スキーブーツ 2022 HF 100を使ってみた

2021/12/13 ノルディカのリアエントリー式スキーブーツ 2022 HF 100を使ってみた。

今のブーツはいつ買ったんだっけなあ?11年前に買ったスキー板よりは前から持ってたから15年前くらいかな。さすがに買い換えようと思ったとさw


HF Nordica - Skis and Boots – Official website
購入したのはノルディカのHF 100というリアエントリー式のブーツ。
フレックスは今まで使っていたDOLOMITE DC-SOFT 75FFが多分75だと思うので、今回のは100なんで結構固め。
サイズは27.5cm。通販で買ったのでサイズが合わなかったらと思うと不安しかなかった。一応足のサイズを計測したら27cmだったので、ブーツは少し大きめを選ぶらしいので27.5cmを選択したが、結果的にはちょうどよかった。



新品のブーツは傷一つなく美しい!
当然ながらスキー用品なんて1回使ったら傷だらけになるのでこんな状態を見られるのは購入時だけだ。



じっくり見ておこう。じろじろw



ソールはアルペンソール。



リアエントリー式ということでこのようにバックルを起こせばガバっと開くので、着脱は簡単なはず。レンタルスキーブーツでよくあるやつですな。
なぜそんな初心者向けみたいなブーツを選んだかって?もうね、寒さで固くなったブーツのバックルを3つも4つも外して苦労しながら履くのが嫌になったのですよ(^-^;) 脱ぐときも疲れた足や手が攣ったりするし。これからは楽に行きたいなとw



なおこのバックルの穴はストックでも起こせるためのものらしい(^-^;)居るか?その機能。
この赤いダイヤルで締め込みを調節する。あとは足の甲のバックル調節がある。調整機構はその2箇所だけ。あと中敷きもかかとの高さを多少調節できた気がする。



てことでシーズンインの日に使ってみた。
期待通り履きやすさ、脱ぎやすさは抜群!今までは脱ぐのは座らないと困難だったけど、このブーツは立ったままスポっと脱げるw 



懸念材料のホールド感だが、やはり物足りなさを感じた。圧雪された中斜面を気持ちよく滑る分にはなんの問題もないが、非圧雪の急斜面などハードな状況では結構きつめに締めてもまだゆるさを感じた。このあたりは今後いろいろな状況と対峙し、調節してみることでもう少し検証したいところ。
従来のバックルタイプ?は着脱は面倒だけど、雪面に応じて簡単に締め具合を調節できるのが良いところだ。このブーツだと調整が面倒。
あとフレックスの違いは、俺にはわからんかった(^-^;)

まとめ。着脱のしやすさは感動的!ただしホールド感はハードな局面では物足りなさを感じた。

0 件のコメント:

コメントを投稿