ラベル

2020年10月27日火曜日

温泉津温泉元湯 泉薬湯

2020/10/26 温泉津温泉元湯 泉薬湯に行ってきた。


泉薬湯 温泉津温泉元湯 | しまね観光ナビ|島根県公式観光情報サイト

温泉津温泉は島根県大田市にある日本海沿いの大きめの温泉地。山陰本線の温泉津温泉駅から徒歩圏内だが、今回は車で訪れた。



実は以前FN2シビック時代にここ、温泉津温泉には来たことがあるのだが、こんな感じで温泉街の道路が狭くフェンダーを擦ってしまい、悔しくて温泉に入らずに撤退した苦い経験がある(^_^;) 今回はちっちゃくて安心のジムニーにて訪れた。
写真左奥の薬師湯にも次回行ってみたいところ(^^)



この日は平日だったためか余裕で元湯前の専用駐車場に停められた。素晴らしい雰囲気の建物。最近リニューアルしたみたいだが、隠しきれない上級者向けの雰囲気が漂う。450円を支払い中へ。番台のおばさんが初めての俺にいろいろレクチャーしてくれた。まずはぬるい湯に浸かれとのこと。どゆこと?



脱衣所には鍵付き無料ロッカー完備。なんと温泉成分分析表のコピーを配布していた。
浴室の写真は撮影禁止なので無いが、とにかく最高の雰囲気(^o^)/
露天風呂は無く内湯のみ。シャワーもなければ洗い場も特にない。石鹸使用可だが蛇口が並ぶのみ。そこらへんで洗えばいいみたいw 
内湯の浴槽は3つ。ぬるめの浴槽と熱い浴槽とめちゃ熱い浴槽wぬるめの湯には「初めての方はこちらへ」と書いてあった。そう、熱い浴槽は相当熱くまともに入ってられないレベル(^_^;)頑張って入ったけどすねとか皮膚の薄いところはビリビリ痛くて入ってられない。その隣の「2分まで」と注意書きのあるめちゃ熱い浴槽は俺には無理!予想外に久しぶりの激熱温泉だった。
注意書きに湯気を吸うと喘息に良いとも書いてあり、珍しかった。

湯はぬるい湯は空気に触れる時間が長いのか黄土色で、濁った湯が満たされた浴槽には析出物がびっしりはりついていた。熱い湯は何ともいえない飴色だった。舐めるとややしょっぱい。分析表によればナトリウムー塩化物温泉、48.2℃、pH6.3、49L/分とのこと。どうもめちゃ熱い浴槽が完全に源泉かけ流しで、その他は加水みたい。



駐車場の裏には飲泉場もあった。飲んでもいいみたい。かなりまずいが(^-^;)

まとめ。激狭温泉街やレトロな建物を含めて素晴らしい風情の共同浴場。心からおすすめする。

0 件のコメント:

コメントを投稿