ラベル

2015年11月22日日曜日

シビックタイプRユーロ(FN2)にスタッドレスタイヤとホイールを装着

2015/11/22 シビックタイプRユーロ(FN2)にスタッドレスタイヤとホイールを装着!


横浜からわりと雪の降る岐阜に引っ越してきたので必要にかられてスタッドレスタイヤ&アルミホイールを購入してみた。

まず考えたのはインチダウン。FN2純正の225/40R18だとタイヤがめちゃくちゃ高いのでインチダウンすることにした。だからといって16インチにするとキャリパーなどの干渉が気になるので17インチに決定。最近は17インチならまあまあの値段でスタッドレスタイヤが買える。
ネット通販だと10万円以下でタイヤ+ホイールセットが買えそうだったけど、あんまり変な格安ホイールにするとスタッドレスに交換したくなくなりそうなので、まともなホイールを中古で探すことにした。

結局選んだのはこれら。

スタッドレスタイヤは手頃で耐久性が高いという噂のDUNLOPのWINTER MAXX 215/45R17。
WINTER MAXX(ウインターマックス)|乗用車用スタッドレスタイヤ/ハイスペック|ダンロップタイヤ 公式タイヤサイト - http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/wintermaxx/
新品ながら昨年生産のアウトレット品で楽天で14,569円/本だった。

ホイールはOZのTorino(Matt Black) 17インチ 7J PCD114.3 5H オフセット+45。
Torino(Matt Black) |イタリアのアルミホイールメーカー【オーゼットレーシング】- Products - http://www.oz-japan.com/products/x_line/Torino/index.php
ヤフオク中古で65,000円/4本だった。

あと、ボルトナットは適当に黒い安いやつ。約3,000円。



タイヤはこんな感じ。前の愛車レガシィの時はスタッドレスを持ってなかったので、考えてみるとこんな扁平なスタッドレスタイヤは初めてじっくり見たかも。スタッドレスタイヤと思って見るとものすごく扁平に感じる(^-^;)
走行してみて感じたのはとにかくステアリングが軽い!ということ。タイヤ幅225→215の変化は数字以上に実感できた。2割位軽くなった感じがした。
走行の快適性は思ったよりは実感できなかった。最も期待してた乗り心地に関しては少し良くなった感じがした程度。また、静粛性改善はほとんど実感できず(^-^;)スポーツタイヤとは別の種類の独特の走行ノイズがありますな。
当たり前だけどちょっと無理をするとずるっといくので、「今はスタッドレスタイヤなんだ!」と思いながら運転しないとまずいなこれはw

雪道走行レビューはまた降雪後に。【下部に追記】




ホイールを装着したスタイリングはこんな感じ。見た目がすごく変わって新鮮!一瞬自分の車と思わないくらいw



5本スポークモデルなのでローターやキャリパーがよく見える。なにより掃除が楽そうだ(^o^)/
計算上タイヤ外形が12mm小さくなったのでややタイヤハウスとの隙間が目立つようになった。速度計も1km/h程大きな値を示すはずである。



ツライチ度はこんな感じ。まあ純正よりちょっと外に出たかもしれん(^-^;)
特にフロントはギリギリかと。オフセットのことをほとんど考えずに装着したにしては上出来。

まとめ。シビック初の大幅な外観の変化で楽しかった!これでスキーと雪国の温泉に行けるぞ(^o^)/

【追記 2015/11/28】


寒波が来たので早速雪道走行してみた。
見慣れたシビックがついに雪景色の中へ!すごい違和感(^-^;)
とはいえ大した雪ではなかったので完全圧雪路ではなくジョベジョベの雪道の走行だった。
ある意味圧雪路よりハードな条件ではあるが、ちゃんと走行できた。さすがスタッドレスタイヤ。

0 件のコメント:

コメントを投稿