ラベル

2015年11月3日火曜日

香港旅行2015 その3 香港の電気街+小米之家

2015/11/01 香港旅行2015 その3 香港の電気街+小米之家


毎度おなじみ世界の電気街シリーズ。こないだ行った北欧は電気街が無かったので寂しかったがアジアは捗る!

1.深水埗周辺



まずはきっと香港で一番有名な深水埗(シャムスイポー)の鴨寮街へ。MTR深水埗駅を西側に出てすぐの路地がそれ。水分補給を忘れずに(^o^)/



そんなに広いわけじゃないけどデジモノの店舗がずらっと並んでいた。そして香港の市場通りのデフォとして道路に露天がこれでもかと出店していた。ドローンの屋台とかw

ここの良いところは客の呼び込みや声掛けが少ないこと。まるでアキバの店をひやかすようにひやかすことができるw



店頭のノーパソの上に猫とか。

SIMカードの露天もたくさんあったが、日本のSIMも売っていた(^_^;)もうそろそろアキバあたりに世界のSIMを売る店ができてもいいのではないだろうか?今回はアマゾンで買ったけど別に実店舗でも良いし。説明とか聞きたい。というか世界のSIM事情に詳しい店員とか神だな。ある意味あこがれの職業かもw

この他、高登電脳中心と黄金電脳商場というビルがあるらしいけど時間切れ。次回の訪問時の楽しみにとっておくことにした。



2.先達廣場


Sin Tat Plaza - Google 検索 - https://www.google.com.hk/search?q=Sin+Tat+Plaza&oq=Sin+Tat+Plaza&aqs=chrome..69i57j69i60l3&sourceid=chrome&es_sm=122&ie=UTF-8



こちらは旺角駅の近くの電脳ビルというかスマホビル。3階までスマホ関連の小さな店舗がぎっちり詰まっている。



一部萌えや大人のおもちゃの店舗もある。売られているのはことごとく日本製品(^_^;)HENTAI!
なお男人街ではアダルトグッズの露天商もいたw これには負けた感があった。
香港で日本製品のシェアが高いのは菓子と車とエロだな。



3.おまけ小米之家


旺角駅の南の方の荷李活商業中心というビルの20階にXiaomiのショールームがあるということで行ってみた。とはいえアップルストアのようなものではなく、大きなビルのテナントのひとつなので表示はちっちゃい(^-^;)エレベーターで20階へ。



創業わずか5年で世界第3位のスマホメーカーXiaomi公式ショップ「小米之家」に行ってきました - GIGAZINE - http://gigazine.net/news/20150717-hong-kong-xiaomi-official-store/



GIGAZINEの記事があまりにも詳しいのでそのものなのだが、多くのシャオミ製品に触れることができた。
mi Padとか初めて触ったかも。TVとか空気清浄機なども作っていて、総合家電メーカーを目指してるんだなあと思った。すげえ。

まとめ。香港の電気街は客引きが少なくて快適(*^_^*) しかもアジアの電気街のカオス感が高いのでかなりおすすめ。

0 件のコメント:

コメントを投稿