ラベル

2014年5月28日水曜日

ELECOM “EX-G” Ultimate Laserマウス M-XG3DLBK

2014/05/27 ELECOM “EX-G” Ultimate Laserマウス M-XG3DLBKを使ってみた。

マウスには割とこだわってる方だと思ってる俺。これまで長らくロジクール MX レボリューションを使ってた。俺はこのマウスがとても気に入っていて、外装が剥がれても、チャタリングが起きても、なんとか対策をしてだましだまし使い続けてきた。
特に気に入っているのは回転速度によって自動的にホイールのクリッカブルとフリーが切り替わるのと、親指のところにセカンドホイールがある点。短所は内蔵バッテリーが1週間しか持たないのに充電台でしか充電できない点。
しかし最近、押してないボタンが勝手に押されたり、ドラッグ中に勝手にドロップしたりでファイルがどこのフォルダに入っちゃったか捜索しないといけない場面が頻繁に起こるようになってしまったw さすがに寿命だな。

Amazon.co.jp: ロジクール MX レボリューション MX-R: パソコン・周辺機器 - http://www.amazon.co.jp/ロジクール-MX-レボリューション-MX-R/dp/B000I0S6Y4

なお現在はもちろん生産終了なのでこんな感じでプレミアが付いている(^-^;) 根強いファンの多い名機なのだ。今思えば3台位買っておけばよかったなあ。

現在のロジクールのフラッグシップモデルは高い割に欲しい機能がないので、たまには他のメーカーにしてみようということで、最終的にこのマウスにした。


8ボタン “EX-G” Ultimate Laserマウス [Lサイズ] - M-XG3DLシリーズ - http://www2.elecom.co.jp/peripheral/mouse/m-xg3dl/

さすがエレコム。アマゾンで3200円と、とにかく安い(^-^;)
しかしパッケージは他社の高級モデルでよく見るような開く箱タイプ。高級感というかハイエンド感がある。でも3200円w


内容物。レシーバーは最近の製品らしく極限の小ささ。バッテリーは単三乾電池1本。


左側が今回購入したエレコム。右側がこれまで使ってたロジクール。
大きさもカラーリングもとても良く似てる(^-^;) エレコムがロジクールの真似からインスパイアされたとしか思えん。安い割に質感はさほど変わらない。塗装も美しい。
個人的にはエレコムの方が握り心地がいい。特に親指の付け根付近の盛り上がりが心地よいホールド感を与えてくれる。
重さはエレコム119g。ロジクールは145g。かなりエレコムの方が軽く感じた。
マウスを変えた時にありがちだけど、思ったところにポイントできない。これは慣れの問題と思われ。
クリック感が軽いというレビューがいくつかあったけどそれは特に感じなかった。
ホイールはロジクールに比べてかなり重め。フリーモードも無いのでややストレスを感じた。
細かい操作はエレコムマウスカスタマイザーというソフトで設定するんだけど、ボタンに音量調整を割り当てることができなかったのが残念。ロジクールのSetPointはできたのに!

あと、俺のWindows8.1環境下では結構頻繁にマウスポインタが瞬間移動したり、勝手にスクロールしてしまう謎の不具合がある。なんなの?

【追記】
デバイスマネージャーでマウスを削除してもう一回認識させて、マウスカスタマイザーを再インストールしたら普通に動作するようになった。デバイスマネージャーにELECOM USB MOUSEと表示されていれば正常ぽ。HID準拠マウスだと変な動きをした。

まとめ。8ボタンタイプのマウスとしてお買い得なマウスだが、エレコムマウスカスタマイザーがしょぼいのが難点。

0 件のコメント:

コメントを投稿