ラベル

2014年4月29日火曜日

PREDATORのハイテクシャフト314-2

2014/04/28 PREDATORのハイテクシャフト314-2を使ってみた。


PredatorCues.jp - 3142シャフト - - http://www.predatorcues.jp/predator_cues_314_2_shaft.php

久しぶりのビリヤードネタ。
以前この記事で書いたアダムHelmstetterのキューがずっと眠ったままになっていたのだが、セカンドキューとして使っていたTSJ(ACSS PRO)を紛失(T-T)したという事情により、Helmstetterをセカンドキューとして活用することにした。

今更ノーマルシャフトは辛いので、巷で人気のPREDATORの314-2を使ってみることにした。
ちなみに東海圏にはビリヤード用品店が殆ど無く、この日本玉台が唯一のお店。


名古屋駅から徒歩10分程度。予想以上に大きい店舗で、奥の倉庫で試し撞きをさせてもらえるなど大変親切にしていただいた。タップの交換や革巻きも有償でやってくれるみたい。キューやキューケース、メンテナンスグッズの在庫もかなり豊富で、特にキャロムキューが充実していた印象。ただし目玉が飛び出るような高いカスタムキューは少なかった。
店員さんとの会話で面白かったのは、東海地方でのみ人気の商品があるということ。自動車ハンドル用の合成皮革のグリップとかADAMのバンブーシャフトはほとんど東海地方でのみ売れているらしい。理由は謎であるw


古いキューなのでジョイントはいにしえの18山(^-^;) だけどちゃんと装着できた。


バットとシャフトの接続部には微妙に段差が生じたが、まあ異なるメーカーのスペアシャフトとしては十分許容範囲内かと。若干シャフトが細い感じ。もちろんリングのデザインは合わない。
標準装備のタップはエベレストで、偶然にも俺が普段MUSASHIにつけてるタップと同じだった。最近はエベレストが俺のお気に入り。1種類しかないから硬さとか迷わなくていいしw


普段ムサシ(ACSS PRO、エベレスト)を使っている俺が314-2(タップはエベレスト)を1時間ほど撞いてみた感想としては、とにかくパワーが無いということ。印象としては2~3割パワーが落ちる感じがした。そのせいで特に厚い球で無理な出しをしようとすると入れミスをしてしまう。これはちゃんと振りを付けないとだめですな。押しや引きも乗りにくい感じがするので撞き方を工夫しないとだめかもしれん。見越しについてはさすがにACSS PROよりも若干少なくて済む印象。

まとめ。確かに見越しは少ないが今のところパワー不足のデメリットのほうが大きい。しかし同じハイテクシャフトでここまで違うとは思わなかった(^-^;)

0 件のコメント:

コメントを投稿