ラベル

2014年1月21日火曜日

東南アジア旅行 その5 KKKLの高速バス

2014/01/20 KKKLの高速バスに乗車した。


ネットの情報によるとクアラルンプールから世界遺産のマラッカへの移動はKKKL社の高速バスが良いらしい。
チケットの購入はKKKL公式サイトで英語でできる。アカウントを作成しなきゃいけないのとポップアップを許可しなきゃいけないのとサーバーが遅いのが難点だが、概ね簡単に座席指定からクレジットカードで購入までできた。距離は136kmもあrRM13.4なので400円くらい。表示されるチケットをプリントアウトして持って行く。
KKKL - http://kkkl.com.my/


クアラルンプールの南方面へのバスはTerminal Bersepadu Selatan(TBS)から発車する。ここはBandar Tasik Selatan駅に直結しておりとても便利な場所である。ブキッ・ビンタンからは乗り換えも含めて30分程で到着した。


TBSはできたばかりでとてもきれいな空港のような施設だ。日本ではこんな立派なバスターミナルは見たことがない。


セブンイレブンの奥にあるKKKLのカウンターへ。プリントアウトしたチケットを見せるとハンコを押して下の部分を8割切って返してくれた。千切れそう(^^;) パスポートは見せなくてよかった。


電光掲示板を見ると16番から出発とのことなので、写真のエスカレーターの入口で再度チケットを提示して乗り場へ。



プラットホームの売店がバスを模したデザインでカワイイ。
KKKLのバスが何本も発車するので紛らわしいが、定刻から5分程遅れてバスがやってきた。荷物をトランクに預けて、チケットの下の部分を切り取ってもらい、いざ乗車!指定された席に座る。


3列シートなので1人乗車でも快適。リクライニングやフットレストもあり日本の夜行高速バスみたい。車内には飲食禁止の張り紙があるもののゴミ箱はしっかり設置してあったりしたw
マラッカのインターを降りると適当なバス停で途中下車する人もいた。ローカルだなあ。
乗客は7人だけだったから、一人400円としてもきっと燃料代にもならないだろう。若干心配になった。


マラッカセントラルターミナルはマラッカ市街地から2km程離れている。到着後タクシーの勧誘が激しいので注意。俺はタクシーが嫌いなので2kmくらいならいつも歩いてしまう。ターミナルの斜向かいにAEONショッピングモールがあり、店内の配置が日本と全く同じで笑ってしまった。ジャスコのフードコートで食事してから、ゆっくり歩いて市街地のホテルまで20分ちょいだった。たいていガイドブックには交渉制のタクシーにボッタクられないように乗れと書いてあるが、バックパックなら歩いて行ける程度の距離である。もちろんモバイルルーターとGoogle MapとGPSスマホは必須。こういうときITは最高に役に立つ。

帰りについて。
マラッカセントラルからの帰りも要領は同じ。ターミナル内は若干古くて雰囲気も暗いが特に危険はない。


各社のカウンターが並んでいるのでKKKLのカウンターでバウチャーを提示するとドアとプラットホームを指示するハンコを押してくてた。あとは乗るだけー♪


クアラルンプールのTBSに到着!帰りの便は7割方座席が埋まっていた。
まとめ。KKKL社のバスは安くて快適でオススメ。スタッフもみんな笑顔でフレンドリーに接してくれた。

0 件のコメント:

コメントを投稿