ラベル

2012年10月29日月曜日

丹波山温泉のめこい湯

2012/10/27 丹波山温泉のめこい湯に行ってきた。

丹波山温泉のめこい湯 - http://www.nomekoiyu.com/onsen/index.html

山梨県丹波山村は東京都に接しているとはいえ、かなりの山奥に位置している。
今回は大月からR139とr16でアプローチした。R139は数字が小さいのでなめていたが、かなり道幅の細い国道だった。線形も悪く未改良区間が続く。特に松姫峠は古き良き峠道の姿をそのまま伝える形状のままであり、トンネルに頼らず稜線をななめに跨ぐ峠の姿は愛おしくすら感じた。しかしここにもトンネルが建設されており、しかもまもなく完成するようだ。

道の駅たばやまに車を止めて、お目当てののめこい湯へ。なんと施設は吊り橋を渡って川の反対側だという。


割と遠い。高低差もあるのでちょっと大変。雨が降っていなければ気分の良い散歩道と思えただろう。


のめこい湯。のめこいとはぬるぬるという意味らしい。
利用料600円を払って中へ。施設は新しく、スーパー銭湯の雰囲気。休憩所や食事処も完備である。雨の土曜日の10時開店直後に訪れたのだが利用客は予想外に多かった。かなりの人気施設だ。
日替わりの今日の男湯はローマ風呂。ローマ風呂ってこんなんじゃない!と「テルマエ・ロマエ」知識で思ったw まあ清潔ではあるな。利用客は多いが内湯も露天風呂も大きいので混雑を感じさせなかった。
ここは東京近郊で珍しい硫黄泉と聞いて期待していたのだが、やはりというかほんのりであった。浴槽の中では硫黄の香りは感じることができず、源泉を手ですくえば感じることができた。弱硫黄泉なので味は美味しい。温度も44℃ということで温泉に最適である。ちなみにのめこさもとってもひかえめw ほんの少しぬるっとするかなという程度である。全体的にパンチ力に欠けるけどその分安心して長湯できる温泉施設であった。

食事処で手打ちそばをいただいたが、これは非常に美味しかった。(おそらく地元の)わさびを自分で摺りおろして薬味とする。これがものすごく美味しかった。わさびってこんなに美味しかったんだなあと感動してしまった。

丹波山温泉のめこい湯は万人におすすめの癒し系の湯であった。ただし運転して行くのはちょっと大変。

0 件のコメント:

コメントを投稿