ラベル

2019年4月15日月曜日

JB23W 4型ジムニー納車直後の集中カスタムまとめ

2019/04/15 JB23W 4型ジムニー納車直後の集中カスタムまとめ



我がJB23W 4型ジムニーはリフトアップ以外ほぼフルノーマルだったので最低限必要と思うところを集中的にカスタムしたのでその報告。



まずはなにはともあれタイヤ&ホイール交換。
トーヨータイヤのオープンカントリーR/T 185/85R16 105/103L LTとデイトナ SS ブラック ジムニー専用 5.5-16だ。
カチカチ溝なしのタイヤから換装したので非常に乗り心地が良くなった。



タイヤ交換のついでにジャダーストップフルキットも装着した。




ヘッドライトのH4バルブをNIGHTEYEのLEDに交換。2,000円台の激安中華バルブだがカットラインもそれなりに出て光量も満足できるレベルだった。やっぱヘッドライトはLEDじゃないとね!





CIBIE製のフォグランプがくすんで見苦しいのでValeo製に交換。ヤフオクで中古品が安く手に入った(^^) バンパー外しもジムニーは非常に簡単。LEDは適当にイエローのものを購入。
ノーマル状態からかなり光量アップした。



オーディオがまさかの純正CD/MDだったので交換。
MVH-7500SC | AVメインユニット | カーナビ・カーAV(carrozzeria) | パイオニア株式会社 - https://jpn.pioneer/ja/carrozzeria/car_av/av_mainunit/mvh-7500sc/
1DINにスマホホルダー内蔵の現代的オーディオだ。ジムニーには本気のナビをつける気はないのでこれで十分かと。



ホーンがピッピーと鳴るので交換。
アルファーIIコンパクト/アルファーIIコンパクト シングル - https://www.mskw.co.jp/car/car-horn/hos-04g
音色が素晴らしく、音量も上がり安全性も増したと思う。



シフトレバーがカタカタいうので開けてみたら波型ワッシャーが見事に断裂していた(^-^;)ヤフオクでリペアキットを購入して取り付けた。



スペアタイヤにカバーを掛けた。



ナンバープレートにスズキ純正フレームを装着。なんとなくRV車にはフレームが似合う気がする。
あとナンバー灯もLED化した。



室内灯をLED化。室内が大幅に明るくなった。



ドライブレコーダーは謎の中華メーカーAKASO製をチョイス。安くて評価が良かったので。
Amazon | AKASO ドライブレコーダー 1296PフルHD 高画素 ドラレコ GPS搭載 170°広視野角 WIFI機能 高性能センサー WDR 暗視機能 ダッシュカム G-sensor/駐車監視/衝撃録画 車載カメラ V1(16GBメモリーカード付き) | ドライブレコーダー本体 | 車&バイク - https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07H4KXPG2/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o01_s00?ie=UTF8&psc=1
実際に使ってみてもかなり画質がよく好印象だった。本体が小さいのも良い。



ETCが無いと始まらないのでグローブボックス内に取り付けた。
CY-ET926D [アンテナ分離型 ETC車載器] | Panasonic - https://panasonic.jp/car/its/products/ETC/ET926D/
自分でETCを取り付けたのは初めての気がするけどちゃんとゲートが開いてよかったw





メーターやエアコンの証明が緑色であまりに古臭いので白色LEDに変更した。内装剥がしもジムニーは非常に容易。素晴らしい車だな。
ホワイトになっていい感じに現代的になった(^o^)/

2019年4月14日日曜日

美人の湯しろとり

2019/04/14 美人の湯しろとりに行ってきた。


美人の湯しろとり | 岐阜県郡上市白鳥町にある日帰り天然温泉 - https://bizin-yu.com/

美人の湯しろとりは岐阜県郡上市白鳥町にある日帰り温泉施設。東海北陸自動車道の白鳥インターから3分の好立地。有名所だけどまだ行ったことなかったのでジムニーで行ったみた。
俺は美人の湯かかみがはらというスーパー銭湯によく行くんだけど、そこの温泉の供給元みたいね。



開店は1030からと遅め。開店前から10台ほどの車が待っていた。
750円を支払い中へ。店内の雰囲気はたしかにかかみがはら美人の湯にそっくりだ。



浴室入り口には飲泉場が!これは岐阜県では珍しい。
しかも湯からは硫黄の香りが(^o^)/これも珍しい。飲んでみると重曹っぽい味がした。気持ちの良いヌルスベ温泉だ。これは最高!

脱衣所にはリターン式コインロッカー完備。

内湯には大きなメイン浴槽、檜風呂、サウナ、水風呂を完備。もちろん石鹸類やシャワーもある。浴槽にはしっかりした両側手すりがあって入りやすかった。

特筆すべきは露天風呂!超巨大な大屋根の下に岩風呂があり、庭園がめちゃ巨大。よく手入れされていて見ていて飽きなかった。
ただし内湯から露天風呂へは階段を数段降りる必要があった。

分析表によればナトリウム・炭酸水素塩泉、44.5℃、pH7.8、278リットル/minとのこと。



食事処も充実していた。飛騨牛朴葉みそ定食をいただきました(^^)

まとめ。さすが有名所。泉質も良いし、サービスもこなれていて満足できた。

2019年4月8日月曜日

JB23W 4型ジムニーのジャダーを直してみた

2019/04/04 JB23W 4型ジムニーのジャダーを直してみた

ジムニー納車直後から発生したジャダー(シミー現象)(^-^;)ジャダーにもいろいろあるみたいだけど俺のジムニーの場合は低速走行時は全く問題なく、70km/h付近で発生する感じ。ジャダーが出ると激しい振動が生じ20km/hまで速度を落とさないと止まらないので、要するに70km/h出さないよう左車線を慎重にゆっくり走る必要がある。もちろん高速道路は乗れない。こんなのは嫌だ。
というわけで、保証期間内なんで中古車屋に持ち込んでもいいんだけど、せっかくなので自分で直してみることにした。

まずは工藤自動車のジャダーストップフルキットを装着してみた。



ジャダーストップフルキット【工藤自動車】 - http://www.kudo-j.com/?pid=75940836



詳しい説明書がついていたのでとてもありがたかった。シャダーの原因についてもいろいろと記載があった。70km/h付近で発生する場合はタイヤの偏摩耗も影響するみたいね。

まずはジャッキアップしてタイヤを外し、前輪のナックル部分にアクセス。



こちらのリングを外した。



その状態でキングピンのシムを装着して取り付けた。




その後ジャダーストップリングを装着!



あとはこのように付属のナットを取り付けていった。これでキットの取付はすべて完了!

もうひとつ気になるのはタイヤが死んでいること(^-^;)納車時に付いていたのは11年落ちのヨコハマのジオランダーA/Tだった。もちろんカチカチでスリップサインの出ているものもあった。オフロードタイヤでスリップサイン出るとか(^-^;)このせいでジャダーが出ている可能性も十分考えられた。



オープンカントリーR/T | SUV × LIFE | TOYO TIRES - https://www.toyotires.jp/sp/suv/open_country/rt.html



というわけでトーヨータイヤのオープンカントリーR/Tに交換した。もちろん2019年製の新品タイヤだ(^o^)/ コスト重視でホイールはデイトナ鉄チン。
パターンもオフロードタイヤ然としていていい感じ。やっぱジムニーはこうでなくては!

では走行してみよう!
まず、キットの効果だろうハンドルはやや重くなった感じがした。おそるおそる加速してみる。70km/hを超え、80km/hを超えても全くその気配はない。段差を超えても轍でも大丈夫!
やったー!ジャダー解消!
その後、500km程走行してもジャダーの発生は無し。高速道路で100km/h出しても大丈夫だった。

まとめ。どちらが効果があったのかはわからないが、キット装着とタイヤ交換でジャダーはパタリと収まった。

2019年4月7日日曜日

湯元山荘 湯ノ口温泉

2019/04/06 湯元山荘 湯ノ口温泉に行ってきた。


瀞峡と世界遺産熊野古道 丸山千枚田 赤木城跡の宿 入鹿温泉ホテル瀞流荘 源泉掛け流し 湯治場 湯ノ口温泉 湯ノ口温泉紹介 - https://www.ztv.ne.jp/irukaspa/yunokuchi.html

湯ノ口温泉は三重県熊野市紀和町にある宿泊もできる温泉施設。高速道路から遠く、アクセス路もまあまあの狭路であり、かなり秘境にある温泉と言ってよいだろう。



納車されたばかりのジムニーで初めて訪れた温泉だ(^^)



すぐそばに元鉱山電車のりばがあった。一日に6往復、入鹿温泉との間を運行しているようだ。今回は無理だったけど、次回時間が合えばぜひ乗ってみたいと思った。

JAF割引で100円引きの440円で入れた。かなり新しい施設なので540円でも安いと思う。
脱衣所にはリターン式コインロッカー完備。



浴室はこんな感じでまだまだ真新しい。
内湯はサウナなどはなくシンプル。シャワーや石鹸類もあった。
奥には広い露天風呂があった。立ち湯や寝湯もあり非常に快適だった。

湯はやや緑色に濁った湯で若干のエグみのある程度のさっぱりした湯。
分析表によればナトリウム・カルシウム塩化物泉、45.7℃、pH7.7、1,200ℓ/分とのことで立派な温泉だ。しかも嬉しいことに加温のみのかけ流し(^o^)/

まとめ。山奥の温泉を大切にした良施設。鉱山電車もあって楽しめる。おすすめ。

2019年4月1日月曜日

JB23W 4型ジムニーがやってきた!

2019/03/31 JB23W 4型ジムニーがやってきた!


中古でジムニーを購入した。
これまで乗っていたBRZは地べたを這いつくばって走るクルマである。ドアを開ければ地面に手が届く。コーナーリングはものすごく速い。最高の車だ。しかし段差に弱い(^-^;)秘境の温泉にも行きたいけど狭い林道とか酷道の洗い越しを走るのは気が引ける。正直行くのを断念したこともある。そんなとき「ジムニーなら余裕なのになあ」といつも思っていた。
俺は昔、知人のJA11によく乗っていた時期があり、とても楽しいクルマという印象があった。そのため何度もジムニーを買いそうになっていたんだけど、今年になってついに感情が閾値を超えて買ってしまった!



とある中古車ディーラーで購入。新型ジムニーには目もくれず平成16年式の4型。走行距離は63,000km程度。もちろん安い



というわけで人生初の2台所有
BRZとの対比が半端ないww



全高とか2倍くらいあるんじゃない?って印象。しかも全長は1mくらい短い。最低地上高も2倍以上だろう。ジムニーはジャッキアップしなくても下に潜れるレベルw

ではインプレを開始しよう!



内装古くせえ!オーディオが下にあってナビを想定していない設計ということがよく分かる。オーディオは右スピーカーから音が出ないことが判明。純正オーディオは近日中に換装予定。



装備は充実しており、運転席シートヒーターやLEDウインカー付きヒーター付き電動ドアミラー、ワイパーヒーター、フォグランプなど正直BRZより豪華(^-^;)



インパネやメーター周りはこんな感じ。大変シンプルですな。
夜間は緑のLEDが時代を感じるぜw



FISフリースタイルワールドカップモデルということで、シートは防水防汚加工らしい。車内は若干タバコ臭い(^-^;)



シートアレンジはかなり豊富で、このように後部座席の座面を跳ね上げてフラットにすることもできる。しかも跳ね上げた座面にヘッドレストを挿すことができるというw
ま、車中泊については追々!




ジムニーは2WDと4WDを切り替えられるのがいいね。この4型まではフロアに副変速機のシフトノブが設置されている。5型からはプッシュボタン式。
つか5速マニュアルが久しぶりすぎてバックギアがどこにあるのか毎回迷う。あとBRZがファイナル変更でローギヤード化されてる影響で、ジムニーでも早めにシフトチェンジしすぎて失速すること多数(^-^;)クラッチペダルもスカスカだし、この2台の両立は相当苦労するぞ(^o^)/(←楽しそう)



とりあえず、BRZでは行こうと思ったことすら無かった長良川の川原まで行ってみた。
4WDに切り替えてみたりして遊んだ。2WDだと砂利道での発進時にホイルスピンするような状況でも4WDにすると簡単に発進できたりして面白かった。こういうのがジムニーの醍醐味だよなあ。



リアビューはこんな感じ。ナンバーが左に寄っているのが俺のお気に入り(^^)
スペアタイヤはいらないのでそのうち降ろそう。10年以上前のタイヤでカチカチだし燃費悪くなりそうだし。



このクルマおそらくリフトアップしてあるね(^-^;)
スキー用のクルマでもあるのでルーフレールも装備。冬季はキャリアにスキーを載せて雪山に出かけたい!



車庫に入れてみると全高の高さが際立つ。でも小さいので車両の周りを楽に回れるので作業性が良い。



K6A型エンジン。記憶の中のJA11と一致。ただしパワステが付いている。



ジャッキアップしなくても下回りは丸見え。オイル交換とかほとんどの整備はこのままできるんじゃないかな。

ここで不具合情報!
80km/h出したあたりでジャダー(シミー)現象が発生!ハンドルガタガタ、ボディーユラユラで恐怖そのもの!俺は事前に知ってたから「これがジャダーか!」って程度だったけど、知らなかったらパニックになるだろうな。減速すれば収まるがこれは対策しないと高速道路は走れたもんじゃないぞ。

その後のジャダー対策に関する記事はこちら

さて、楽しさと不安の中俺のジムニーライフが始まる!