ラベル

2018年9月3日月曜日

黒部峡谷鉄道トロッコ列車

2018/09/02 憧れの黒部峡谷鉄道トロッコ列車に乗ってみた。

毎度おなじみ私鉄乗りつぶしの旅。(乗りつぶし旅行はしていますが地味なのですべて記事にしているわけではありません。)


黒部峡谷トロッコ電車|遊びにおいでよ!黒部峡谷トロッコ電車 - http://www.kurotetu.co.jp/

日本を代表する軽便鉄道。しかもトロッコ列車ということで有名だけど乗ってなかった黒部峡谷鉄道に乗ってきた。
片道1,980円と運賃は高いが、結果的にはそれ以上の満足度の得られる路線だった。



まさかの13両編成。さすが有名観光地。9月の日曜日であるこの日も多くの乗客が詰めかけていた。



往復乗って思ったのは、座席は車両後端の端っこが良いということ。後端の座席は壁を背もたれにできるし景色も見渡せる。できれば行きと帰り同じポジションに座りたい。俺は今回は幸い後端左側に2回座ることができた。



宇奈月駅自体がかなりの山奥にあるが、そこから黒部ダム建設のために作られた業務用路線は、黒部川沿いをどんどん山に分け入っていった。
編成が長いので車窓からクネクネ走る列車が見渡せて面白かった。しかも日本屈指のV字谷の黒部峡谷の景色は最高!といかく車窓にはダムと発電所、鉄橋とトンネルが連続した。



しかし乗り心地は日本の鉄道で最悪レベルだ(^-^;)元々業務用路線のトロッコ列車なので仕方ないが、トンネル内は耐え難いほど寒いし、線路の継ぎ目を通過するときのショックや、急カーブを曲がるときのレールと車輪の軋みが大音響を伴ってダイレクトに尻に伝わってきた。これが100分間続くことになる。俺のような筋金入りのドM鉄道ファンには快感でしかないが、普通の家族連れには厳しいだろう。音とか寒さが苦手な人には少し追加料金はかかるが窓のある特別車両をおすすめする。実際空いてたし。



面白かったのは全線に渡り冬季歩道が並行していたこと。トンネル部分では冬季運休する鉄道路盤自体が冬季歩道になるようで、何度もトンネル内に冬季歩道出入り口が現れては過ぎ去っていった。冬季歩道は鉄道が運休する冬季には現在でも人間が物資を歩いて輸送しているらしい。



終点の欅平駅へ到着!この駅もスペースがないので側線を建設することができず、長いホームで大量の乗客をさばく涙ぐましい努力が垣間見えた。



EDR形電気機関車。2両重連での運行。小さいながらもパワフルで車で言うジムニーみたいなヤツ。めちゃかっこいい!
欅平駅二階のレストランで峡谷カレーをいただいた。おいしかった(^^)



帰りに宇奈月駅前の黒部川電気記念館を訪れた。

黒部川電気記念館|関西電力PR館|事業所・関連施設|会社案内|企業情報|関西電力 - http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/pr/kurobe/index.html



無料で、トロッコ列車や水平歩道について学習できる楽しい施設だった。電力会社系の施設は基本的に無料なのが良いね(^^)

まとめ。やはり有名なことには理由があった。素晴らしい鉄道路線だ。


私鉄乗りつぶしに関しては、このところ大阪市営地下鉄、京阪電気鉄道、愛知環状鉄道、豊橋鉄道、四日市あすなろう鉄道、近畿日本鉄道などの一部路線を乗りつぶしてきて、乗りつぶしオンラインによると今日現在以下のようになった。


7775.2kmで67.5%ということのようです。これからも乗るぜ!

祖母谷温泉

2018/09/02 祖母(ばば)谷温泉に行ってきた。


祖母谷温泉 | 温泉情報 | 黒部峡谷トロッコ電車 - http://www.kurotetu.co.jp/onsen/babadani/

祖母谷温泉は富山県黒部市にある山小屋。公式サイトはないので黒部峡谷鉄道の祖母谷温泉紹介ページへのリンクを示しておく。



黒部峡谷鉄道の終点、欅平駅から2.2km、徒歩40分をかけてやっと行くことができる秘湯。
途中注意事項とともに自己責任でこの先はヘルメットをかぶるようにという案内があった(^-^;)そこまでして温泉に行く必要があるの?ハイ、喜んで行きます(^^)



これが温泉へのアクセス路か?(^-^;)というような道を行く。3本のトンネルを通過する必要がある。徒歩でw こんなの廃道探索以外ではなかなか経験したことがない。
しかしこれは登山道ではなくれっきとした車道だ。舗装はされておらず我がBRZでは到底突破できない路面状況だが、普通の車なら十分通行可能かと思われる。欅平駅へは一般の道路は通じていないはずなので、これは私道なんだろうなあ。
しかし硫黄の匂いがきつい。川の水も硫黄泉みたいな色をしてるし、これは期待できる!

汗を滝のようにかきながら3本目のトンネルを抜けると・・・



キターーーーーー(^o^)/



目指す祖母谷温泉はもうちょっと!最後に鉄橋を二本渡る萌え仕様!



やっとついたー。日帰り入浴は600円。フロントで支払ってから露天風呂へ行くスタイル。女性は玄関前の階段を下へ。男性は宿の前を通り過ぎて奥へ。



まずはビールで休憩(^o^)/ 人工の音の全くしない秘境の渓谷での一杯。最高ですな。



温泉全景。最高の雰囲気!
ちなみに左側の大きい浴槽は熱めの湯。右側がぬるめの湯になっていた。



脱衣所にはカゴのみ。貴重品はカゴに入れて露天風呂の脇に持っていけばおk



盛大に掛け流されている源泉。なお水も一緒に放り込まれていた。湯の方も概ね適温だったが、この地域は源泉はほぼ100℃の熱湯のはずなので加水してあると思われる。
湯は硫黄の匂いが強く、透明ながら大きめの湯の花も舞っていた。飲んでみると純粋な硫黄の風味のみの味。ヌルスベ感はなく単純硫黄泉ならではのもの。残念ながら分析表などは確認できなかったが、相当高温の単純硫黄泉のはずだ。
しかし秘湯あるあるで清掃は行き届いておらず、浴槽の内部は苔が生えてヌルヌル。しかも小さい水生昆虫なども確認できた(^-^;)生態系ができてる。さすがにこれは初めてw
俺はぬるい方の浴槽に使って、川のせせらぎを聞きながら最高に贅沢な時間を過ごした。久しぶりに秘湯らしい秘湯に来たけど、やっぱいいなあ。



洗い場は一応ある。石鹸類のみ完備。湯は浴槽またはかけ流しの源泉を直接使うようだ。こんな適当な温泉でも体を洗うことができるなんて最高すぐる(^^)



帰りに自動車を観察してみると、ナンバーがない。やはりこのあたりは私道のようだ。
あと金属メッキのエンブレムが酸化して黒い涙を流している(^-^;)亜硫酸ガスが強い証拠。ここにマイカーは置きたくないなあ。
てか車の左に祖母谷地獄の看板が!これは行ってみるしか!




ぬおおお!
200mほど進むと祖母谷温泉の源泉を発見!怖くて触れなかったが、ブクブクしていたので相当な高温なことは間違いない。
なんでもこのあたりは河原を掘ると高温の湯が湧き出すらしい。すごいところだ。

まとめ。到達困難だが最高の野趣、泉質。心からおすすめする。

2018年8月27日月曜日

HKSの車高調HIPERMAX MAXⅣ GTの減衰力調整

2018/08/25 HKSの車高調HIPERMAX MAXⅣ GTの減衰力調整をしてみた。

我がBRZは前オーナーの装着したHIPERMAX MAXⅣ GTをそのまま使っているわけだが、なんとなく乗り心地が固くなってきた気がしたので減衰力を調整してみることにした。



リアの調整は簡単。トランク内に調整用のダイヤルが露出しているので、ゴムキャップを外して付属の調整工具を差し込んで回すだけ。
減衰力は30段階に調整が可能なのだが、まずは今が何段になっているかわからないので、右回しでハード側の回らなくなるところまで回す。クリック感があったりなかったりしたが20段くらい回ったと思う。ということは元々10段だったぽい。割とソフトだったんだなあ(^-^;)そこからソフト側に回して調整していく。とりあえず30クリック回して0段にしてみた。



フロントは調整するところが車体下側にあるのでやや面倒。ステアリングを切って隙間からタイヤハウスに手を入れて、右写真の矢印のツマミを回して調整する。
フロントは右側は全くクリック感がなかったが、0段に調整した(つもり)。なおあまりソフト側に回しすぎると故障するみたいなんで注意。

とりあえず近所の一般道を走ってみた感想。
自分で調整したから「うん!少し柔らかくなったね!」と言えるけど、誰かにイタズラで調整されても気づかないレベル(^-^;)
ネットでフロントとリアを微調整している人がいるけど、そういう人はサーキットの同じコーナーを何百回と走っているような人なんだろうなと思った。俺にはそんな細かいセッティングは無理だw

まとめ。車高調の減衰力調整範囲は思ったより狭かった。

2018年8月12日日曜日

南紀白浜温泉 白良(しらら)湯

2018/08/11 南紀白浜温泉 白良(しらら)湯に行ってきた。


白良湯 | 白浜観光協会公式サイト | 南紀白浜観光ガイド | 海と温泉のリゾート - http://www.nanki-shirahama.com/search/details.php?log=1332744752

久々に和歌山県西牟婁郡白浜町の南紀白浜温泉を訪れた。
夏休み真っ只中のこの時期、白浜温泉の集客力はすごかった。朝7時台だというのに続々と車が到着していた。



白良湯の駐車場は海水浴場の真横という最高の立地にあるため厳戒体制だった。6台ある駐車場にBRZを停めた瞬間、おじさんに温泉利用かどうかを確認された。嫌な緊張感があるぜ(^-^;)

建物に入ると浴場は2階とのこと。2階に上がり券売機で420円の入浴券を購入して入場。
脱衣所には鍵付きロッカー完備。しかし7時台から結構混んでいる。外が雨なので海水浴から温泉に切り替えた人が多い模様。賢い。



浴室は内湯がひとつだけで大変シンプル。洗い場とシャワーはあるが石鹸は置いていない。



しかし素晴らしい景色ではないか!2階なので白浜の名の由来であろう海水浴場が見渡せた。空いてる時にゆっくり来たいと思った。(写真は1階の休憩所から)

湯は硫黄の臭いのしないしょっぱいヌルスベタイプ。珍しいのはそこに赤い湯の花が浮遊していること。白浜温泉にはいろいろな源泉があるんだなあ。さすがだ。
ナトリウム塩化物温泉、66.8℃、pH7.0、171L/分、高温のために加水のみしているとのこと。さすがのハイスペック。

まとめ。素晴らしい共同浴場でオススメするが、できれば夏休みは避けたいところw

2018年7月30日月曜日

BRZ用 Revierの交換式スマートキーケース

2018/07/30 BRZ用 Revierの交換式スマートキーケースを使ってみた。

スマートキーがなんとなくつまらないので面白いものはないかなーと探してみた。
スマートキーのカバーというのは無数にあるが、でかくなったりいちいち開いてボタンを押したりするのは嫌なので交換式のこの製品を使ってみることにした。


スマートキーケース 交換式 -プリウス30/プリウスα/アクア/86/BRZ/クラウン18系/ランクル200系/アルファード20/ヴェルファイア20/エスティマ50/ノア・ヴォクシー70 他 TOYOTA車 | Revier(レヴィーア)|ハイクオリティカスタムパーツブランド - https://revier.co.jp/smk-ty01/

色はもちろん車体色に合わせてブルーカーボン(^o^)/



届いた製品はこんな感じ。塗装もなかなかきれい。公式サイトの画像はかなり黒に近いブルーに見えるが、照明を当てるとブルーに輝いた(^^)



交換はいたって簡単。電池交換の要領でまずは物理キーを抜き、その先端でこじってスマートキーを開ける。



あとはボタンとラバーと基盤を移植すればおk。1分でできた。



純正と比べると若干精度は劣るが蓋を閉め、物理キーを挿し込めば完成。中身はそのまんまなんで当然だがなんの問題もなく作動した。
純正に比べてつるつるした感触になったのとブルーになったので気分的に楽しい(^o^)/

2018年7月21日土曜日

万座温泉 豊国館

2018/07/21 万座温泉 豊国館に行ってきた。



万座温泉の旅館 豊国館 | トップページ - http://www.houkokukan.com/

2012年に万座プリンスホテルに行って以来6年振りに万座温泉を訪れた。万プリはかなりの好印象でまた訪れたいと思い続けていたものの、その後横浜から岐阜に引っ越したこともあり、足が遠のいていた。七味温泉や志賀高原は何度も行ったんだけど、なんか万座というと群馬県だし遠い感じがするのも一因かと(^_^;)



豊国館は鄙びた湯治宿。外観も内部もとにかく鄙びている。



日帰り入浴を8時からやっているのが良い(^-^)フロントで主人に500円を支払い中へ。



歴史のある宿らしくサインや写真などの掲示物がたくさん。読んでみるとなんと創業者は草軽電気鉄道の社長らしい。すごい。



脱衣所にはカゴのみなので貴重品はフロントへ。
内湯は男女別だが露天風呂は混浴だ。久々の混浴♪



内湯はこんな感じ。湯治宿らしい最高の雰囲気だ。
湯はご覧の通り相当に白濁した硫黄泉だ。万座は街全体が硫黄臭いけど、もちろんこの湯も硫黄臭い。
しかも熱い(^_^;) 44℃くらいあると思われ、クソ暑いこの日に入るのは辛かった。水の出るホースがあって埋めて良いみたいだけど焼け石に水でそう簡単には適温にならなかった。



ひとつだけシャワーがあって体も洗えた。石鹸も置いてあったし、湯は真水だった。これはちょっと意外(^_^;)
内湯は熱くて一瞬しか入れないので気を取り直して露天風呂に行こう!



至高の露天風呂キタコレヒャッホイ(^_^)ノ



かなり古い木製の浴槽に満たされた青白い硫黄泉。



柵がなく遠くの山肌が見えるのも良い。
久々にヒャッホイしてしまうくらい最高だぞこりゃ。



よし、早速入湯だ!濁りが過去最強レベルなので足元が全く見えない。気をつけねば。1段、2dずるもがdjぽがべあっっふjk!!
ちょww浴槽深ええええ!しかも2段目が無くて3段目位の深さが底になっている。なおかつ底は湯の花が積もってヌルヌルしてたのでスベる。なにこの幸せトラップ!?というわけで最速で頭の先まで温泉に浸かることができた(o^^o) かなり深いタイプの浴槽で小学校の深い方のプールくらいかも。
湯は適温(^^) 足元の湯の花を混ぜるとどんどん湯が白くなっていく。この白さは過去最高かも。舐めるとやっぱりレモン味。
分析表によれば酸性・含硫黄ーナトリウムー硫酸塩温泉、75.8℃、pH2.3とのこと。これは日本最強クラスのスペックと言っていいだろう。さすがは万座温泉。

が、至福は長くは続かなかった。この時期の山奥あるあるでハチだのアブだのが飛び回るので落ち着いて入ってられない(^-^;)最終的には体長5cmくらいのハチが太ももに止まったので撤退w

まとめ。豊国館は雰囲気も泉質もトップクラスの日帰り入浴もできる温泉宿。心からおすすめする。

おまけ。宿のすぐ下にある万座温泉の空吹という地獄に行ってみた。



こんな近くまで車で行ける。上に見えるのが空吹。



勢いよく火山ガスが噴出していた。そこからパイプで温泉を宿に引いていると思われる。



下部の川はこのあたりの温泉そのもののような色合い。温泉ファンにはたまらないが、別の見方をすれば酸性のため生物の住みにくい死の川とも言えるだろう。地球は不思議だ!