ラベル

2020年11月1日日曜日

Google Pixel5の性能を比較検証してみた

2020/11/01 Google Pixel5の性能を比較検証してみた。


久しぶりに発売日にPixelを購入したが、普通に日本で売ってる端末ということもあり、レビュー記事は世の中に溢れていてとても太刀打ちできないので、今回は俺の手持ちの端末とのベンチマーク比較を記事にしてみることにした。
Pixel5は最新とはいえミドルレンジ端末ということで、これまで使っていたPixel3XLなどとの差が気になるところ。

最近使っている端末を集めてみた。使用頻度が高い順だとこんな感じかな。
Google Pixel 5>Lenovo Tab4>>>>>Xiaomi Mi 9T Pro>Google Pixel 3 XL>OUKITEL K9>Rakuten Mini
実際にはスマホとしてPixel5を、タブレットとしてLenovo Tab4を使っている。

まずはGeekbench 5.2.0を実行してみた。



シングルコアスコアが高い順に並べるとこんな感じ。
Google Pixel 5 599
Xiaomi Mi 9T Pro 570
Google Pixel 3 XL 374
Rakuten Mini 176
OUKITEL K9 169
Lenovo Tab4 168

マルチコアスコアだとこうなる。
Xiaomi Mi 9T Pro 2299
Google Pixel 5 1621
Google Pixel 3 XL 1400
Lenovo Tab4 1003
OUKITEL K9 877
Rakuten Mini 812

CPU性能だけを見ればミドルレンジ端末ながらPixel5は健闘している。シングルコア性能はなんと1位だ(^o^)/


続いてAntutu benchmark V8.4.3を走らせてみた。Rakuten Miniは実行できず。



スコアが高い順に並べるとこんな感じ。
Xiaomi Mi 9T Pro 432301
Google Pixel 3 XL 321356
Google Pixel 5 276333
OUKITEL K9 103522
Lenovo Tab4 89245

メインで使ってるPixel5が3位で、2番目によく使うTab4は最下位という結果に(^-^;)
まあAntutuは3D性能が物を言うので、CPUスコアならPixel5は2位ではある。

Pixel5はSnapdragon765Gを搭載しているが、Snapdragon855のM 9T Proには敵わないが、Snapdragon845のPixel3XLにはCPU性能としては勝るようだ。ただし3D性能は低い。Antutuを実行していても明らかにPixel3XLよりもカクカクしていた。

ちなみにXiaomi Mi 9T Proは4万円程度の端末であり、ミドルレンジのPixel5の半額程度であることを書いておくべきだろう。XiaomiやOne Plus、UMIDIGIなどの中華スマホメーカーは安いのにハイエンドSoCを搭載した端末を精力的にリリースしていることはぜひ知っておいてもらいたい事実だ。Googleのソフトウェアチューニングには適わないにしても、ハードウエア的には高性能で安い端末が世界(中国)にはたくさんある。

まとめ。Pixel5は3D性能は低いがCPU性能はかなりの実力があるミドルレンジ端末だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿