ラベル

2020年2月11日火曜日

山川砂むし温泉 砂湯里 + 露天風呂 たまて箱温泉

2020/02/10 山川砂むし温泉 砂湯里 + 露天風呂 たまて箱温泉


【公式】ヘルシーランド | 露天風呂「たまて箱温泉」,砂むし温泉「砂湯里」,レストラン「地熱の里」
http://ppp.seika-spc.co.jp/healthy/

指宿に行ったら一度は体験したいと思っていた砂むし温泉に行ってみた!



段丘から砂浜に降りるアクセス路がぱない(^_^;)なんか前方がモクモクしてるし。



受付手前には地熱で蒸した芋や卵を売っていた。海辺の温泉の割に相当の高温らしい。



受付で露天風呂とのセット券を1240円で購入。
浴衣と帯を渡され、更衣室で全裸に浴衣を着て砂浜に行くよう指示された。



海岸というか砂蒸し会場?に行くと、スコップを持った係員が3人いた。これまで見たどの温泉とも違う光景にたじろぐ(^_^;)
持ってきたタオルを枕にし、均した砂浜にきをつけの姿勢で寝るよう言われ横たわった。すると先の温泉らしからぬ係員によりザックザックと浴衣の上にどんどん熱い砂がかけられていった。てか右足が熱い!どうもスコップでかけられる砂には熱い砂とぬるい砂が混在しているようだ。まあ我慢できる範囲、と我慢していた。



撮影OK!ということで、係員がスマホで記念撮影してくれた(^^)
係員はそのまま15分程度寝ていろという。背中はじんわり暖かいが、腹側の砂は真冬なのですぐに冷めた。なんとなくスーパー銭湯の寝湯に似た状況だが、全身が砂に被われているので腹側も寒いということもない。これは心地よい(o^^o)
まったりとしていると、砂浜の防壁に打ち寄せるが砕けて時折足下までかかってきた。身動きできない姿勢のまま潮が容赦なく俺の顔に降り注いだ。これも温泉なのだろうか?なんというか異次元すぎる15分間の温泉体験だった。



砂むし後は浴衣を返却し、かけ湯をしてから内湯に浸かった。



これまた素晴らしい雰囲気の浴室。石鹸類は置いていないので砂を流すだけの浴場なのだろう。湯はやや塩辛いやや黄色い湯だった。



続いてセット券で入れるたまて箱温泉へ。砂むしから車で5分程の高台にある。



以前は海岸沿いの道を徒歩で行けたらしいが現在は崩落により通行止めとなっている(^_^;)



調べてなかったけど名物の絶景露天風呂は男女日替わりらしい。運良くこの日は男湯だった(^^)
脱衣所には鍵付きロッカー完備。
浴室は撮影禁止ということで写真は無い。
内湯にはシャワーと石鹸類完備。なので砂むし体験してからここで体を洗うのがおすすめ。

さて、満を持して露天風呂へ。
結論から言うと、俺の経験上最も素晴らしい絶景温泉だった!
まず全く視界を遮るものがない。また、崖の端に露天風呂があるので目の前は海!そして景色を彩る開聞岳や長崎鼻
本当にずっといたくなるくらいの素晴らしい景色だった。これほどの絶景温泉を俺は他に知らない。
露天風呂は相当に広いので場所によって熱さが違って面白かった。また、高温浴槽も別に設置されていたが、まあ43℃位でそこまで熱いというわけでもなかった。

湯は砂むし温泉内湯と同じくやや黄色みがかったちょっとしょっぱい湯。
分析表によれば、塩化物泉、100℃(!?)、pH7.4とのこと。てか、ちょまww100℃てww 俺の経験上過去最高温度かと。景色だけでなく泉温も想像を超えてくるとは。指宿はすごいところだな。

まとめ。砂むし→絶景露天風呂のセットが日本最強!心からおすすめする。

0 件のコメント:

コメントを投稿