ラベル

2014年8月24日日曜日

Nexus5にカスタムカーネルElementalXをインストールしてみた

2014/08/24 Nexus5にカスタムカーネルElementalXをインストールしてみた。

暇だったので(^-^;)なお、ROMはCarbonRom。

[KERNEL] [Aug 8] ElementalX-N5-1.04 | Nexus 5 | XDA Forum - http://forum.xda-developers.com/google-nexus-5/orig-development/kernel-elementalx-n5-0-44-t2519607

CarbonRomの場合、
Stock/AOSP (Android 4.4.3/4.4.4): ElementalX-N5-1.04
というカーネルを入れればOK。他のカスタムカーネルを使用中の場合は標準カーネルを上書きしてから使ったほうが良い。適当にcacheとdalvicをWipe無し(上書き)で焼けば標準カーネルになるはず。


手順。


まずはTWRPで落としたZIPを焼く。



するとインストールウィザードが起動する。わかりやすい。



注意事項を読んで、いろいろ細かい設定をしていく。
最高周波数はせっかくだから最大の2,956MHzにしておいたほうがいいと思う。

【追記】
まずはリカバリーでバックアップしてからやった方が良い。起動しなくなることも多い。起動しなくなったときはbootだけ復元すれば良い。
上記のカーネルで起動しないときはCyanogenmod用のカーネルを入れるとすんなり起動したこともある。

カスタムカーネルにする主要な目的としてDouble tap to wakeやSweep to wakeが使えるというものがある。そのあたりもこのセットアップウィザードで設定できるのでぜひやっておくと良い。特にDouble tap to wakeはとても快適( ^o^)ノ



準備ができたらインストール。
終了したらTWRPに戻るのでReboot Syastem



設定→Performanceではこんな感じで表示される。最高周波数を2,957まで設定できるようになった。また、GovernerがElementalXになっているのがわかる。

ではPassMark PerformanceTestでベンチマークをしてみよう。

PassMark PerformanceTest - Google Play の Android アプリ - https://play.google.com/store/apps/details?id=com.passmark.pt_mobile&hl=ja

まずは2,266MHzの標準カーネルでの測定結果。



次にElementalXで2,956MHzにしたとき。


さがりんこ(´・ω・`)

設定かなあ。よくわからん。
別のカーネルとか試してみたくなってきたのでまたそのうち記事書くかも。

【追記】
Gmail中に落ちた(^_^;) お誂え向きにCarbonRomのアプデが来たので焼いたら標準カーネルに戻った。

0 件のコメント:

コメントを投稿