ラベル

2012年4月10日火曜日

低音重視のヘッドホンMDR-XB1000

ソニーのヘッドホンMDR-XB1000を使ってみた。

これまでALFEEのDVDを見るためにオーバーヘッド型のヘッドホンはMDR-V700DJを愛用してきた俺。このところカナル型ヘッドホンCOA-803を手に入れて、調子のいい売り文句かとおもいきや低音重視は伊達じゃないということがわかってしまい、MDR-V700DJの低音も急に物足りなくなってきた(^_^;)

そこで低音といえばソニーのXBシリーズということで、とりあえずフラッグシップのMDR-XB1000とMDR-XB700を聴いてみようとヨドバシへ。おーあったあった。


なにこのフカフカwww
おかしいでしょw特にMDR-XB1000はやばい。悶えそうなくらいフカフカフカなのだ(ネット上ではタイヤホンと呼ばれているようだw)。シャナならモフモフと言うかもしれない。どうやらこのフカフカイヤーパッドも密閉性を高めることで低音表現に貢献しているらしい。カナル型が低音に強いのと同じ原理ですな。
しかしこのフカフカ、意外なメリットがある事に気づいた。メガネにやさしいのだ。
俺はメガネっ子なのでMDR-V700DJを長時間使用しているとメガネのツルが抑えつけられて痛くなってきてしまっていた。しかしこのフカフカなら痛くなさそうである。これはイイ!

自分のHTC Sensationに直接挿して音を比較してみた。ソースはTHE ALFEEのZeRoになれ!。
MDR-XB700は低音がたしかにすごい。でも高音もかなりすごい。ドンシャリがやや気になる。でもこれでも十分と思えた製品だった。
MDR-XB1000はMDR-XB700とは方向性が全く違う感じで高音のシャリシャリ感はかなり抑えられてる感じ。低音はほとんど同様だがMDR-XB700のほうがややクッキリした音質。
両者とも所有してるMDR-V700DJより明らかに低音が出ている。すごいなまじで。感心してしまった。


値段が倍位違うので迷ったけど、結局フカフカの大きさでMDR-XB1000にした。
価格.comなどの通販業者の価格が大して安く無いので、ポイント還元率の高いヨドで購入した。

MDR-XB1000は家で聴いても大満足だった。なんせヘッドホンアンプAudinst HUD-mx1完備なのでヘッドホン環境は最高だ。アパートなので大音響でBOSEのシステムを使うことはできないがそのぶんヘッドホンシステムでいい音でALFEE聴くぜ!
音漏れが激しいというレビューがあったがそれは正しい。MDR-V700DJに比べてかなり漏れる。でもヘッドホンで大音響で聞いて近所迷惑になるほどではない。ヘッドホンで聴く限り気にするほどのものではないだろう。ただし電車ではかなり気にしてしまうレベルだろう。ただタイヤホンなので本当に電車で使う人がいるかどうかは疑問。コード長も2mあることから自宅AV用のヘッドホンとして作られている製品だと思う。
あと予想通りメガネをかけたまま長時間使用しても痛くならない。最高でござる(^o^)/

MDR-XB1000 | ヘッドホン | ソニー : http://www.sony.jp/headphone/products/MDR-XB1000/

0 件のコメント:

コメントを投稿