ラベル

2018年12月4日火曜日

BRZのHKSスーパーチャージャーのブローオフバルブベロフラムを交換

2018/12/03 BRZのHKSスーパーチャージャーのブローオフバルブベロフラムを交換

BRZのエンジン警告灯が点灯する問題の対策として、今回HKSスーパーチャージャーのブローオフバルブベロフラムを交換してみた。
S/Cブローオフバルブ ベロフラム交換 | トヨタ 86 by takec626 - みんカラ - https://minkara.carview.co.jp/userid/1549140/car/1146525/3903257/note.aspx
俺もこの記事の人の症状と全く同じ。



動画の45秒付近からアイドリングが不安定になる様子がわかる。
停車した直後に500rpmくらいまで回転数が下がってエンストしそうになって慌てて1100rpmくらいまで上がり、また下がって、を繰り返す感じ。しばらくすると750rpmで安定する。



あと定速走行中にこのように吸入空気(エアフロ電圧)が激しく変動する。同時にタタタタっと音が聞こえる。加速中はこの音はしない。



ブローオフバルブはこの部分にあり、その中にベロフラムがある。




交換は簡単。六角レンチでボルト2本を外すだけ。
内部にスプリングやガスケットがあるのでエンジンルームに落とさないようにクロスを敷いて作業した。



ベロフラムを外してみると…確かに一部破れてる!



光にかざすとこの通り。完全に穴が空いていた。



交換部品が届くまでのつなぎとして適当にボンドで補修した。

補修したベロフラムを装着して実際に走行してみると効果覿面!
アイドリングは全く問題がなくなり750rpmで安定した。



走行中のタタタタっという音もしなくなり、吸入空気も安定するようになった。

なお、交換部品の品番はこちら。
●HKS GTスーパーチャージャーキット 補修パーツ - https://www.hks-power.co.jp/product_search/product/727
17672-002100
ひとつ3000円ちょっとだったので念の為2個買っておいた。届いたら交換しようっと。

【2018/12/09追記】
あれから650kmほど走行したがエンジン警告灯は点灯していない。


新品のベロフラムが届いたので早速交換しました(^^)

まとめ。同じような症状の人は簡単なのでぜひ自分で交換を。

0 件のコメント:

コメントを投稿