ラベル

2018年5月20日日曜日

BRZにtS用STIオーナメントを装着

2018/05/20 BRZにtS用STIオーナメントを装着してみた。


先日、リアのSTIレターマークBRZエンブレムをSTI Sports用に交換したけど、フロントバンパーにつけるSTIオーナメントもあったなと思い出して検索してみるとみんカラなどでたくさんのオーナーさんが装着していたのでやってみることにした。

要するにBRZ tS用の物を取り寄せれば前期の純正バンパーに装着できるみたい。



93013CA050 オーナメント本体
57707CA170 ブラケット
045105120 ネジ 3本
合計で4,000円はしなかったと思う。

んで、取り付けなんだけど、みんカラの皆さんはバンパーの隙間から手を入れてネジ止めできたりできなかったりしてる様子。
よーし!やったろうじゃん!と頑張ったが結局1時間悪戦苦闘しても無理だった(^-^;)断念。作業スペース狭すぎ!



結局バンパーを外して作業したわけだが、俺の場合赤丸のところにオイルクーラーのラジエター(多分)があるのでノーマルより作業スペースが小さくなっていたようだ。そうじゃなくても俺は手が大きいので無理だったかも。



バンパーを外せば取り付けは超簡単。取り付けるのは赤丸のところ。
最初からオーナメント用のネジ受けがついてたのね(^-^;)



ここにブラケットを裏側からちゃんとツメを噛ませるように取り付け、オーナメントを表側から挟み込むようにカチっと取り付けてネジ3本で固定して完成!



フロントからもtSっぽくなって良い感じ(^o^)/
若干オイルクーラーに風が当たりにくくなったかも(^-^;)

まとめ。俺はバンパー脱着は2回目なので躊躇もなかったけど、やったことなかったら自力での装着は諦めてたかも(^-^;)

2018年5月13日日曜日

Google PixelでAndroid P DP2を使ってみた

2018/05/12 Google PixelでAndroid P DP2を使ってみた。


最近はAndroidのアップデートと言っても代わり映えがしない気がして正式リリースされるまで待ってたりしたけど、今回のAndroid P DP2は大幅アップデートと聞いて入れてみた。せっかくPixel持ってるし、たまには(^-^;)

本日時点でDP2のファクトリーイメージが公開されれておらず、公開されているのがOTAイメージのみなので方法は結構複雑だった。
あまり日本語の導入手順も見当たらないので一応手順を記録しておく。ADB環境を構築したPCが必須。

Android P を入手する  |  Android Developers
https://developer.android.com/preview/download
PCで、まずはここでDP1のファクトリーイメージをDLしてzipファイルを解凍。



いつものflash-all.batを実行する。
これでAndroid P DP1の状態になる。もしDP2のファクトリーイメージが公開されればこれで終わりぽ。
なおこの操作で端末内の情報はすべて消えるので注意。

Applying a Device OTA Image  |  Android Developers
https://developer.android.com/preview/download-ota?authuser=0&hl=es
その後ここでOTAイメージのzipをDLして適当にUpdate.zipとかにリネームしておく。
Pixelを標準リカバリーに再起動する。メニューからApply update from ADBを選択してUSBケーブルでPCと接続。



Update.zipのあるフォルダでSHIFTを押しながら右クリックしてPower Shellウインドウをここで開く。以下のコマンドを実行。
adb sideload Update.zip
ヌルヌルアップデートが適用される。これで完了。



起動時にはこのようなBeta版に関する注意事項が表示され気分が高まるw



まずは設定→システム→操作→Swipe up on Home buttonの設定を有効にする。
これでDP2で採用された新しいホームボタンが有効になる。キター(^o^)/ タスク切り替えボタンが表示されなくなり一気にAndroid Pっぽくなった!
アプリ内では戻るボタンが表示されるがホーム画面で表示されない。



新しいホームボタンを上にスワイプするとこんな感じでタスク切換えをすることができる。上にスワイプしてアプリを終了できる。



この画面で上部の丸いアイコンをタップすると分割画面にすることができた。
分割の比率も自由に変えることができる。



タイルはこんな感じ。だいぶデザインが変わったなあ。



Essential Phoneみたいにノッチの入った画面に対応するメニューも有り面白い。ベータ版ぽいのう。


とりあえず、Android Pは近年稀に見る大幅なUIの変更を伴うバージョンだと思った。

おまけ。
Pixel sailfish-ppp2.180412.013-Android P DP 2.zip | by AndroidInfotech for Generic Device/Other
https://androidfilehost.com/?fid=674106145207485897
Download and Install Android P Developer Preview 2 (DP2) - Pixel Series Supported
https://www.getdroidtips.com/install-android-p-developer-preview-2/
ここらへんにDP2のファクトリーイメージっぽいファイルがあるけど、俺は今回は公式でいかせていただきました(^-^;)

2018年5月6日日曜日

信州下諏訪温泉 旦過の湯

2018/05/06 信州下諏訪温泉 旦過の湯に行ってきた。


旦過の湯(たんがのゆ) Tanga no Yu|温泉|下諏訪観光協会
https://shimosuwaonsen.jp/item/685/

旦過の湯(たんがのゆ)は長野県下諏訪町の下諏訪温泉の共同浴場のひとつ。諏訪大社下社のすぐそば。JR下諏訪駅からも徒歩圏内だ。
駐車場も完備されていて利用しやすい。



周辺は中山道で、素晴らしい旧街道の雰囲気が残っている。中山道側に旦過の湯の由来が掲示してあった。修行僧が利用していた湯で傷に効くらしい。



券売機で230円(安い)の入浴券を購入し中へ。
歴史のある湯だが内部はかなり新しくて清潔だ。脱衣所には有料のコインロッカーとドライヤーなどが完備。トイレももちろんある。
浴室は撮影不可とのこと。

内湯と露天風呂がある立派な施設。洗い場にはシャワーも完備。さすがに石鹸類は置いていないので持参する必要がある。
内湯はやや熱い湯(44℃)と熱い湯(47℃)の2種類のみw 44℃って相当熱いよ?俺は44℃の湯に数分浸かるのがやっとだった(^-^;)
熱い湯の方は完全に常連さん用ぽい。上がった方の体は真っ赤になっていた。

露天風呂はおそらく41℃くらいで適温。唯一落ち着ける湯だった。

湯は源泉かけ流しのようで湯量も多く新鮮そのもの。舐めてみるとほとんど特徴はないが硬水の味。エビアンみたいな湯。
分析表によると、ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉、56.0℃、pH8.7と立派な高温温泉だった。

まとめ。低価格で高品質な共同浴場。おすすめ。

2018年5月4日金曜日

奥蓼科温泉郷 渋御殿湯 西の湯

2018/05/04 奥蓼科温泉郷 渋御殿湯 西の湯に行ってみた。


八ヶ岳、天狗岳登山口の秘湯、奥蓼科温泉郷 天下の霊湯 渋御殿湯-信州秘湯会
http://www.gotenyu.com/

渋御殿湯は長野県茅野市北山にある旅館。日帰り入浴もできる。
2年前に訪れた渋辰野館のすぐ近く。
建物周辺は硫黄の香りが漂っており、温泉に来たという雰囲気を盛り上げてくれた。



入り口にはバス停があったので公共交通機関でも来られるみたい。ただし一日3便(^_^;)



フロントで入浴料1,000円を支払い中へ。いい感じに昭和の鄙びた温泉宿ぽい。剥製なども展示されていた。
日帰り入浴は10時から15時まで。俺の他の入浴客は本格的な登山の装備をした人たちばかりだった。



浴室に近づくに連れてだんだん硫黄の香りが強くなってきた!
館内の蛇口はことごとく変色しており、温泉が酸性でなおかつ様々なところに温泉を使用していることを示している。
脱衣所には鍵なしロッカーしか無いが、脱衣所手前にコインロッカーがあった。



浴室はこんな感じ。木製で素晴らしい風情だ。
シャワーと石鹸類完備。



この板の間かと思ったところは加温した浴槽だった。まずはこちらに入ることをおすすめする。



こちらの白く硫黄が沈着した浴槽は源泉かけ流しと思われる。源泉は27℃なのでなかなか冷たいが、加温した湯に使った後に入れば最高だった(^o^)

源泉は飲んでみると酸っぱい硫黄風味の最高のもの。
分析表によれば単純酸性硫黄泉、27℃とのこと。その他詳細不明。

なお、日帰り入浴できるのは西の湯のみで、他に宿泊者専用の東の湯があるみたい。こちらは足元湧出の湯もあるらしく激しく興味をそそられた。



まとめ。最高の泉質、風情。心からおすすめする。