ラベル

2017年12月23日土曜日

Anker PowerHouseを使ってみたら主に車中泊で便利だった!

2017/12/13 Anker PowerHouseを使ってみたら主に車中泊で便利だった!

車中泊時の電気敷毛布とか、災害時のスマホ充電用に定評のあるアンカーのパワーハウスを購入したのでそのレビュー。
普段は5万円もするので躊躇していたんだけど、今回サイバーマンデーセールで34,800円になっていたので購入した。


Anker | PowerHouse
https://www.anker.com/jp/products/variant/PowerHouse/A1701011

電池容量は434Wh / 120,600mAhとのこと。容量ぱない(^-^;) 重さは4.2kgもあるので18きっぷの旅には向かないw やっぱ自動車旅か災害用ですな。
開封時に66%程充電されていた。
充電はご覧のACアダプターにて行う。なかなか大きいサイズ。
他にMicroUSBケーブルと別売りのソーラー充電器接続用ケーブルが付属していた。

USBポートが4つ、シガーソケット、100V交流電源がある。どれも同時に使用することができる。使用時はコネクタ上のボタンを押してON/OFFを切り替える必要がある。



こんな感じでガンガン充電できる(^o^)/ 本体充電中も大丈夫みたい。
スマホなど半分充電したって1%くらいしか減らない。



AC100Vは200Wまで使えるらしいので調子に乗って普通の液晶テレビが見られるか実験してみた。32型のBRAVIA(消費電力114W)は普通に使えた!電池の減り方から察するに4~5時間位は見られそうだった。最大消費電力というのは明るさ最大かつ音量最大とかじゃないと出ないんだろうね。
これは災害時を想定するとかなり有用かと。


2017/12/23 Anker PowerHouse + 電気敷毛布で車中泊してみた

車中泊で困るのが電源の確保だ。アイドリングすればシガーソケットから電源は取れるけど、出力は小さいしなにより周りの車と地球に優しくない。
今回PowerHouseを使って憧れの車中泊での電気毛布を体験してみた!


ホンダシャトルにて道の駅吉野路大塔で車中泊。この夜の気温は-2℃!車中泊としてはなかなかの低温だ。これまでの経験上羽毛布団があると氷点下でも快適に過ごせることはわかっているので、今回は掛け布団は毛布2枚のみにしてみた。



敷布団の構成はウレタンマットを敷いてその上に電気敷毛布、その上に汗取りパッドを敷いた。超快適(^o^)/



走行後3時間くらいは車内が暖かく普通に快適なのでとりあえず電気敷毛布のレベル2で寝てみた。うん背中があったかい(o^^o)



夜中に寒くなって目が覚めた(^-^;)やはり毛布だけは寒い。電気敷毛布をレベル4にして膝掛けも動員して就寝。



これは快適だった。毛布側はやや寒いけど背中が温まるので大丈夫。朝には車が凍り付くほどの冷え込みだったが、ぐっすり寝られてむしろ寝過ごした(^_^;)



気になるPowerHouseの残量は、電気敷毛布とスマホ充電に8時間ほど使用して38%だった。十分ですな。
わかったのは氷点下の車中泊ではやっぱ羽毛布団は必須。羽毛布団だけだと明け方背中が寒いので、そこに電気敷毛布を敷けばきっと完璧!

あと、いつもは車中泊した翌朝には窓に結露がびっしりになるんだけどこの日は意外にもちょっと曇っただけだった。電気敷毛布という暖房器具があったから室内の空気が乾燥したのかも。結露すると朝の窓拭きが大変だし車にも悪影響なのでむしろこれが一番良い効果かも。

これまで車中泊時に寒いときは仕方なくエンジンをかけて暖房を使っていたが、大容量バッテリーで暖房器具を使うことで回避できることがわかった。スマホも充電できるし、地球に優しいし、隣の車に気を使わなくていいし、最高だと思った。

まとめ。PowerHouseは車中泊時に便利!きっと災害時にも便利!

川湯温泉公衆浴場

2017/12/23 川湯温泉公衆浴場に行ってみた。


川湯温泉公衆浴場|熊野本宮観光協会
http://www.hongu.jp/onsen/kawayu/kawayu-kousyuu/


川湯温泉は河床から湧き出るのが特徴。冬季のみ河原に開設される無料の露天風呂「仙人風呂」が有名で俺もそこに行きたかったんだけど、更衣室から露天風呂が遠く水着が必要そうだったので回避。また次回トライしよう(^^)v



気を取り直して公衆浴場へ。いかにもな雰囲気の建物。8-21時のロング営業みたい。
管理人に250円を支払い中へ。



内部もめっちゃ昭和の公衆浴場ですな(^_^;)
リターン式コインロッカー完備。



浴室はこんな感じ。内湯がひとつのみ。この日は終始客は俺だけだったのでまったりと過ごせた。
浴槽に蛇口から湯がドバドバ注ぎ込まれていたが全く特徴を感じないもので残念。
分析表が見当たらなかったので詳しくは不明だが公式サイトによれば泉質はアルカリ性単純温泉で無色wとのこと。



洗い場もあり、シャワーもある。石鹸類は無いので持って行こう。


まとめ。泉質に面白味がないから仙人風呂があるんだなと納得した。



2017年12月21日木曜日

2017 深圳&香港旅行まとめ

2017/12/09-12 2017 深圳&香港旅行まとめ

2年ぶりに深圳と香港に行ってきたのでそのまとめ。最新の華強北路(ファーチャンペイ)情報もあるよ(^o^)/

2017/12/09


航空会社は今回もLCC香港エクスプレスにて。中部国際空港にも日によっては2便あるようになっていたので便利だった。この時期はものすごく安くて、諸費用全て込みで往復で23,000円もしなかった(^^)



今回は香港国際空港から直接中国に入国するため深圳の蛇口(シェコウ)行きのフェリーに乗った。香港入国審査のそばにこのフェリーチケットのカウンターがあるのでそこでチケットを購入した。香港に入国しちゃうと利用できないので注意。なお、機内持ち込みした手荷物もここで申告すると係員がフェリーに乗せてくれる。



フェリーは香港やマカオでよく見る高速タイプのもの。土曜日の1930発だけどガラガラだった。
所要時間は45分ほど。



蛇口港からは地下の乗り場から出る無料シャトルバスで3分くらいで地下鉄蛇口港駅に移動した。昨年までは蛇口港駅の前に蛇口港があったんだけど移転したらしい。街の変化の速さに驚くが、世界で最も発展の速いこの街では日常茶飯事だ。
この日は蛇口駅付近のホテルに宿泊。中国のホテルは安くて快適!なんかシャワールームがガラス張りだったけど気にしない!


2017/12/10


ぶらり蓮花山公園を散策。中国では電動バイクや電気自動車がたくさん走っていて未来っぽいんだけど、人工池のボートも電動だったのは笑ったw
とにかく建物が巨大ですな。あと定番だけど大気汚染で青空見えないw



これが噂のレンタルバイク!乗らなかったけど。
街中至る所にレンタル自転車が放置されていた。でも歩道がものすごく広いので邪魔になることはない。放置自転車で悩んでるような国では無理なサービスだと思った。



自販機いろいろ。決済方法がスマホにQRコードを表示するAlipayWe chat Payにも対応している。逆に交通カードの深圳通には非対応なのが日本人には戸惑う。現金とかもはや使えないのかと思ったけど流石に使えた(^-^;)
WifiルーターやSIMカード自販機ももちろん完備。



深圳歴史博物館。国家主導の開発で40年間で人口が30倍位になったらしい深圳の発展の歴史が半端なく詳しく展示されている(^-^;) ぱない。入場無料。



路線バスで移動して永和大王という定食チェーン店で食事。あったかい豆乳付きで美味かった(^o^)



2年ぶり3度めの華強北路(ファーチャンペイ)に到着!何この変貌ぶり!?別の街みたい!



なんか中央通りに変な構造物ができてる!どうやら地下街からの出口の階段の覆い部分に歩行者が登って展望できるようになってるみたい。こんなの2年前にはなんにも無かったのに!あと地下鉄路線が2本も増えてた!そして地下街の出入り口はできてるけどまだ地下街はできてないんでこれらの入り口は閉鎖されてる!カオス!



前回の訪問時までは問屋街の印象が強く個人の観光客はあまりいなかった印象なんだけど、今回は個人向けの小売店舗や飲食店が増えていた。飲食店なんてほとんどが従業員向けの食堂で入る勇気が出なかったけど、今は永和大王もあるので手軽(^^)
なおスマホとか新品から偽物まで多数売ってるけど中国ではネタ以外で買わないほうが良いみたい。



巨大問屋ビルや裏通りの雰囲気は相変わらずのプロ向け。特に街の南部はこういった問屋街の印象が根強い。南から北へと発展した街なんだろうね。



ではいよいよ香港へ。今回は福田口岸から国境を越えて徒歩で深圳川を渡って香港へ入った。イミグレーションは羅湖よりも明らかに空いていて良い。あと周辺の雰囲気や治安も福田口岸の方が良いと思った。



手前が香港、奥が中国。国境付近は圧倒的に中国側の方が発展している。香港の中心部はかなり南にある。
落馬州からは普通は地下鉄で都心へ行くんだけど、今回は路線バスB1で元朗経由で都心に行った。



アッキハッバラー!と叫びたくなる2年ぶりの香港の電気街、鴨寮街。いかにも香港という雑多な雰囲気の街。電気屋と臭い屋台が混在して酔っ払いが闊歩している。どうも治安は良くない地域のようなので、一応注意。一般的には中国のほうが危険なんだろうけど、深圳の中心部よりは香港の下町のほうが雰囲気は明らかに怖い(^-^;)
今回はそんな街のホテルをチョイス。あまりに面白かったのでレポート。



Minimal Hotels
http://www.minimalhotels.com.hk/minimalhotels
その名もミニマル ホテル カルチャー!
フロントは24時間。バイトっぽい若い女性が英語で対応してくれた。どのスタッフもとても愛想が良くて好印象。そこで手渡されたのがご覧のリモコン類と変換コネクタwこんなの初めて。カラオケボックスかよw
部屋は20階。香港じゃ普通。そして部屋はまさかの各階2部屋。そう、これが噂の香港名物ペンシルビルw



部屋は何故かツイン。とにかく清潔でとにかく狭いw
眺望は周りに高層ビルがないので奇跡的に非常に良い(^o^)/
冷蔵庫がないのが不満だったが、香港の都心部で7,000円程度なら安いかと。
チェックアウト時にエレベーターが故障してて20階から徒歩で1階まで降りたら、スタッフがアワアワしていたのも良い思い出w また泊まりたいと思った。


2017/12/11

香港も3度目となるとやることがないので、だんだんマニアックな行動になっていく(^-^;)


九龍城に興味があったので跡地にできた九龍寨城公園に行ってみた。九龍城の詳しい展示があり満足。



地味な三家村フェリーに乗ってみたりした。ガラガラで気持ちい~!



香港海防博物館。ここ無料だしおすすめ。展示は新しくてキレイ。軽食も摂ることができる。ただアクセスがバスか徒歩しか無いのでわかりにくい。あ、俺はタクシーには乗らないので。



香港島のトラムに端から端まで乗ってみるテストw 全部乗るのに2時間位かかった(^-^;)



香港のスマホビル先達広場へ!SIMフリースマホがたしかに安いので買っても良いかもね。一応中国と違って値札がついているので安心。



2年前にも訪れたシャオミの家にも一応訪問。スマホの機種以外特に変化は感じないなあ(^-^;)



マックに行ったらまさかの無人販売機!香港の交通系ICカード、オクトパスカードで支払いができるのでマジで一切会話せず注文できた。カウンターで受け取るか、席に持ってきてもらうかも選べた。テーブルの壁にはコンセントじゃなくてUSBコネクタ。すごすぎ。


2017/12/12


最終日の午前中は電気街、深水埗を散策。




こちらはPCパーツビルとして有名な黄金電脳中心。11時位に行ってもほとんどの店が開店前だったのは残念だった。ゲーム系の店も多い感じかな。



時間があったので普通の路線バスで空港へ向かってみた。200円程度で中心部から空港まで行ける(^o^)/



それでもちゃんと高速道路を使い1時間位で空港に着くので実用的。空港内ではエアメールセンターとかをいちいち回り、従業員が乗り降りしていた(^-^;)観光客の利用は殆どなかった印象。楽しすぎ。



空港内でも暇なのでミュージアムとかを見ていた。着陸困難で有名な旧啓徳(カイタック)空港の展示もありとても面白かった。



2年前にはなかった14:50発という最適な時間帯の香港エクスプレスで名古屋へ帰った。

まとめ。ITに関しては香港はともかく中国には完敗した感がある。あと急速に発展する深圳という街の特異な変化の状況を目のあたりにするのが面白い。


おまけ。モバイルネットワーク環境について。


今回は日本のamazonでこちらの中国移動香港のSIMを仕入れて持っていった。価格は1,500円。Nexus9に挿してテザリングして利用した。
香港内では非常に高速で快適に使用できた!ただ屋台で$78で売っているのを見たのでやはり現地で買うほうが安い。
しかし、中国国内では激遅だった(^-^;)ほとんど使い物にならないレベル。ローミングをONにする必要がある点にも注意が必要だ。よほど現地SIMを購入しようと思ったくらいだが、そうするとLINEにアクセス出来ないしなあ。