ラベル

2016年7月31日日曜日

MSI GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCを使ってみた

2016/07/30 MSI GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCを使ってみた。

特にゲームをするわけではないんだけどグラボだけ旧世代のモデルだったんで換装したいと思っていたところに満を持してGeForce GTX1060が発売された。960の頃からファンが完全停止する機能に憧れてもいた。久々に秋葉原に行ったこともあり、勢いで購入したのでそのレビュー。


GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OC | MSI Global | Graphics card - The world leader in display performance
https://www.msi.com/Graphics-card/GeForce-GTX-1060-ARMOR-6G-OC.html#hero-overview


購入したのは本日発売のMSI GeForce GTX 1060 ARMOR 6G OCである。価格は33,980円(税別)とGTX1060の中では安い方。



箱の中身はこんな感じ。大きいシールが付属していた。あとは本体のみ。



「まったく海外製品は未だに箱が大きいのかよ」と思ったけど本体も相応にでかいね(^-^;)
これまで使っていたRADEON HD6770と比較するとご覧の有様。もちろん2スロット占有。



出力端子はDisplayPortが3個、HDMIが1個、DVIが1個。



以前のグラボから5.5cm長くなったけどMicroATXのケースにも問題なく装着できた。8ピン外部電源端子が手前向きなのは使いにくい気がした。

初回起動はなんの問題もなく順調。ドライバもすんなりインストールできた。



ちなみに俺はWQHD2枚とFHD2枚の4画面構成なんだけど、WQHDモニタをHDMIで接続するとWQHDで出力できずFHDになってしまった。DisplayPortで接続すると正常に表示された。
昔は4画面出力をするために死闘を繰り広げたものだが、今は何も考えなくてい良い。良い時代になったものだ。まあ4K4枚構成とかだとまた問題が出そうだけど(^-^;)



久しぶりのNVIDIAのドライバソフトウェア。



付属のMSIのソフトでOCTOPUSとかいろいろできるぽ。なおこのグラボは60℃以下ではファンが完全に停止するんだけど、3D描画しなければ60℃に行くことはないので俺の場合は常に無音(^o^)/ もっとギリかと思っていたけど余裕で60℃以下なのね。

ではベンチマーク。数値は誰も興味ないと思うけど今まで使っていたRADEON HD6770との比較


まず、Windowsエクスペリエンスインデックスは8.1→8.4に向上!差はWindowsAeroのデスクトップパフォーマンスの向上。3D関係ねえw なおWindows10のエクスペリエンスインデックスではゲームのグラフィックパフォーマンスは測定できない



3DMARKは1781→4174と大幅に向上!

ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマークは最高画質の画面サイズ: 2560x1440で測定してみたところ、
SCORE:1907
平均フレームレート:15.180
評価:設定変更を推奨

SCORE:10180
平均フレームレート:80.985
評価:非常に快適
このように大幅に向上した。
というかどちらのベンチマークもHD6770はカクカク過ぎて見れたもんじゃなかった(^-^;)


まとめ。ついに無音のグラボを手に入れた!あとついでにやろうと思えばゲームもできるぞ!w

0 件のコメント:

コメントを投稿